8月30日(第27日目)


TampereTurkuTurku
9:0013:0017:30
19C64%25C52%26C50%

今日はタンペレ9:58分発トゥルク行きの列車に乗る予定なので、8時頃起きる。ここのユースも例によって朝食がつかないので8時30分ごろチェックアウトする。朝方はやはり少々肌寒い。バス代ももったいないので駅までの25分ぐらいの道のりを、荷物を引きずって歩いていく。駅に着いた後、ロッカー代ももったいないのでロビーのベンチにワイヤー鍵で荷物をくくりつけ、昨日見そこねた大聖堂まで行く。荷物がなければ歩いて5分ぐらいでついた。

駅に戻り、クロワッサンと変な揚げパンと水で朝食とする(24FIM)。列車は予定より8時間遅れてTampereを10:06分に出発する。反対側のホームにはヘルシンキ行きの列車が止まっていて結構混んでいたが、トゥルク行きの列車はがらがらである。

12:00頃トゥルク駅に着く。駅や駅前が非常に静かで人通りがないと思ったら今日は土曜日だった。とりあえず市場(カウッパトリ)に行ってみることにする。歩いて10分ぐらいだが、途中のお店もほとんどが閉まっている。しかし、カウッパトリはやっていて、結構人もたくさんでていた。まぁ、ヘルシンキのものよりも小さいが、野菜、魚、花、パン、お土産屋など一通りのお店はあった。ここのパン屋でお昼を買い、近くの公園で食べる。5個入りで上にチーズをのっけて焼いたもので、10FIMと激安である。ちょっとぱさぱさしていていまいちだったが、まぁしょうがない。

昼食後、トゥルク大聖堂を見に行く。ここには4つぐらいのツアー団体(日本人ではない)が続々と入ってきて、あちこちでガイドをはじめたので全然静かでなく雰囲気を壊してしまっていた。ツアー参加者は老年夫婦が多かったが、話をしたり、写真を撮るのは日本人と何らかわらないよな気がする。よく、日本人観光客がよく話題にされるが、日本人だけではないと思う。

その後適当に市内を見ながら駅の方に戻るが、なんせ土曜日なのでお店も開いていないし、人も少ないのでおもしろくない。今日のフェリーは20:00時発だが、この前ストックホルムから乗ったときは、なんか3〜4時間前から乗船できそうな感じだったので、今日はちょっと早めにフェリーターミナルに行くことにする。

バスで行くと早く着いてしまうし、20FIMもかかるので駅からフェリーターミナルまで歩いていくことにする。しかし、荷物を持っているときは持っていないときの半分ぐらいしか進まないので、ターミナルに着くまで1時間半もかかってしまった。もちろん途中で何回も休んだが...

しかももっと誤算だったのはフェリーである。Turku←→Stockholm間は昼便、夜便があるのだが、Stockholm午前発のフェリーが来ないことには乗船できないらしい。しかもそのフェリーが来るのが、19:00だという。つまりあと3時間以上もこの辺で時間をつぶさなければならなくなってしまった。とりあえず、近くにTurku城があるのでそこへ行くことにする。

お城の近くのベンチに座っていると3組の新婚カップルが次々と現れ、どこかへ行ってしまった。なぜお城で(しかも大してきれいでない)なのかわからない。さらになんか変装した男の人たちもでてきて、よくわからない。

18:45分頃、Stockholmからのフェリーが到着したが、なんせ今度のシリヤヨーロッパ号は3000人も乗れるフェリーなので、全員が降りるのに45分ぐらいかかり、乗船は19:30頃から開始される。予定より10分ぐらい遅れて20:10分にTurku港を出向する。今度の部屋はtourist 1 Sというもので、値段は行きのtourist 2と同じであるが、今回は二人部屋である。自分は最後の方に乗船したのに、まだだれも来ていなかったので"ラッキー"と思ったが、船内を一周して戻ってくると、またもやおじさんがいた。:( 行きは4人部屋に二人だったが、今度は二人部屋に二人である。クラスは上がっても実質格下げである。残念。

このヨーロッパ号の総トン数約6万トン、最大乗客数約3000人というのはStockholm←→Helsinki間のセレナーデ号よりは上だが、吹き抜けになっていないぶんちょっとまけるような気がする。それでもやはり超豪華客船であることは間違いない。Finlandは他の主なヨーロッパ(イギリスなど除く)よりも、1時間進んでいるので、ここでまた時計を遅らせる。つまり20:00発の7:00時着でも実際は12時間乗っていることになる。逆にStockholm←→Helsink間では18:00発の9:00時着だが実質14時間乗っているという計算になる。

どうでもいいが、このヨーロッパ号にはなんとマクドナルドもあるし、ヘリポートもある。

約26000歩


インデックスページへ

bonsai@pop01.odn.ne.jp