DIARY of kotanaka.com 2002/01
2002年 7月 | 2002年 6月 | 2002年 5月 | 2002年 4月 | 2002年 3月 | 2002年 2月 | 2002年 1月
2001年12月 | 2001年11月 | 2001年10月 | 2001年 9月

 
2002/1/31 (THU)

昨日も石○亭にて作業してました。
Version 1.42にてとりあえず版は完成。

しかし、石○氏の熱望により、
Version 1.X から Version 2.X へ
昨日は、Version 2.3 まで作って終了。

Version 1.42 ちろっと公開 

※ 注意事項 ※
(1)関係者は見てはいけません。当日のお楽しみにしておきましょう。
(2)諸事情により「Windows版".exe"形式での公開」となっております。ウィルスは99.9%入っていないと思いますが、無保証です。マカーのみなさん、すいません。
(3)約4.3MBもあるのでダウンロードにかなり時間がかかると思います。56Kだと20分ぐらいの覚悟が必要です。これを機にADSLへ移行するのもいいかと・・・
(4)CPUが200MHz程度だとちょっとつらいかもしれません。
(5)スピーカーは必須です。会社などで鑑賞する場合はイヤホン必須です。
(6)「感動した!」などのコメントは掲示板へ

+++

今日は二回目のハローワークへ

13:30〜15:30まで「雇用保険説明会」に参加してきました。若い人はあんまり多くなく、やっぱり年輩の方が多かったですね。80人ぐらいまとめてだったんだけど、それは1/21、22日に申請した人だけでってことらしいので、一日約40人も申請に来ているってことなのかしら?

「基本手当日額6,729円」と「今後のスケジュール」がわかりました。

1/22 申請日(受給資格決定日)
    待機期間(7日間)
1/28 待機期間終了
1/29 給付制限開始
1/31 雇用保険説明会
2/14 初回認定日
4/28 給付制限終了
5/ 9 第二回認定日(10日分の認定:4/29〜5/ 8)
6/ 6 第三回認定日(28日分の認定:5/ 9〜6/ 5)
7/ 4 第四回認定日(28日分の認定:6/ 6〜7/ 3)
8/ 1 第五回認定日(24日分の認定:7/ 4〜7/31)

++++++

今日から怒濤の飲み回ラッシュです。
初日は橋本さんと立川で飲んでました。


 
2002/1/30 (WED)

【大ヒットの最新ゲーム『グーグルワック』】

ゲームはまず、グーグルの検索ボックスにキーワードを2つ入力する。検索結果が、1件だけ表示されれば成功だ。究極のゴールは「検索結果 1件中1件」と画面右上に表示されることだ。
→ 昔からそんなことやっている人っていなかったっけかな!?

「かつてユーザーは、ウェブをあちこち見て回ったものだ。ところが今日では居場所を見つけて長く留まりすぎる。このゲームは、人々に学習する機会を与える優れた方法だと私は考えている」とストック。
→ そそ。Webに初めて出会ったころは毎日、何時間「ネットサーフィン」してても飽きなかったけど、1年も経つと決まったサイトを定期的にチェックする、というスタイルになってしまうんだよね。かといって『グーグルワック』をするほど暇人ではないですけどね!


 
2002/1/29 (TUE)

【会社名「日本航空システム」と発表 JALとJAS】
→ これってまだまだ検討の段階かと思ってたんですけど、すでにほぼ決定って感じなのですね。知りませんでした。

【破産のGlobal Crossing,アジア企業2社との取引で再建を目指すが……】
→ 日本ではあまり話題になっていませんが(すくなくともこの前の"Kマート破産"よりかはぜんぜん)、これ結構オドロキでしたね。
当時,投資家らは「インターネットに牽引された通信の需要は指数関数的に伸びる」との見方を信じ,データの送信に使われる「パイプ」の敷設作業に従事するGlobalのような会社を,将来有望と見なしたのだった。
私も、この「パイプ」とやらに賭けたのですが・・・以下自粛(爆)

GXの株価推移
 _ 

今日もFLASH、FLASHでした。とりあえず一通りの写真の埋め込みなどは終了。あとは、こまいところを直したり、おもしろコメントを追加すればオッケー。それにしてもファイルサイズがでかすぎ。すでに3MB越えてます・・・

てゆーか、これ仕事にならないかなぁ〜。披露宴でこれやったら結構ウケルと思うんだけどねぇ〜。まぁ、その辺は実際にやってみてから考えよう〜♪


 
2002/1/28 (MON)

2/9日の本番に向けてプロジェクトスタート。

とりあえず、FLASHにて作品を製作中。
本日、青梅のアジトにて第一回作戦会議実施。

以上


 
2002/1/27 (SUN)

ただいま0時40分ですが、雪が屋根から"ぼたぼた"落ちてきています。天気予報では「積もらないでしょう」って言っていたのに・・・


 
2002/1/26 (SAT)

ちょっとFlashでもやってみようかなぁと思って、値段を調べたのですがkakaku.comの安いところで約3万円、その辺の量販店で約3万5千円もするんですね。ちょっと誰かに頼んでアカデミックとかスチューデントパックで約2万円。でも、そんなに本格的にやりたいわけではなくって、ちこっとかじってみたい程度だから、さすがにこの値段だと買えないなぁと。

で、でっかい本屋にていろいろとFlash本をながめていたら、「30日トライアル版」が付いている雑誌を発見! 中身も俺の好きなスタイルだったので、これを買ってみることに。速習Webデザイン FLASH 5 2280円+税です。さっそく、家に帰ってちょこっといじくってみましたが、まぁ、こんなもんかと。だいたい予想していた感じですね。あとは企画力と素材。これが作品の90%を占めるのはあたりまえで・・・その企画を練るのがデザイナーってこと。まぁ、私にはデザインセンスはないので、適当にいじって終わりにします。

※マクロメディアページ見たら、トライアル版ってWeb上からダウンロードできるのね。知らなかったよ。でも「Windows(ZIP圧縮): 19.1MB」ってでかすぎ・・・ちなみにうちはまだ56Kのちんたらモデム環境なので、そんなファイルはちゃんとDLできない可能性大。つーことで、本買ってよかったということにしよう。どうせ、何か本でもないとこーゆーのはわからないし。

今日、久しぶりに「あじまる」食べました。あいかわらず混んでいるのね。土曜日の1時半ぐらいでしたが、6人ほど並んで待ってました。でも、客の回転も速いので5分ぐらい待っただけで座れましたけど。その後も、コンスタントにお客は来ていたのでまだまだ健在なんでしょう。それにしても、トンコツラーメンってのは海外では流行らないのかなぁ〜。見たことないんだよねぇ。


 
2002/1/25 (FRI)

マイレージの事後加算処理の手続きをしてみました。

【ワールドパークス】
【過去の獲得マイルについての問い合わせ】
パース、バリでのチェックインの時に頼むのを忘れてしまったので、事後加算をするはめに・・・いとかなし。
航空券のコピー、搭乗券のコピーを指定のワールドパークス・センターに送るだけだそうです。ちゃんと加算してよねぇ〜。これも今回の一時帰国の大きなポイントなんですから・・・


ついでに、去年の夏に行ったタイ旅行のマイレージも調べたところ、加算されてないじゃん! って、これタイ行く20日ぐらい前に急いでチケットを手配して、結局UAで行くことになったからそのままオンラインでマイレージプラスの加入申し込みだけして・・・予約時には会員番号なんてなかったはず。で、チェックインの時に・・・手続きしたか覚えてません。ということで、ついでにこっちも事後加算手続きしてみます。しかし、こっちは送り先がU.S.A.なのねぇ。しかもこっちは"航空券のコピー"と"搭乗券の原券"となっていて、微妙に違ってます。どうでもいいけど。
【マイレージプラス】
【事後加算】


【アル・カイーダ、インドネシアへ脱出】
またもや観光産業にはダメージなニュースですね。でも、バリはインドネシアにあってもイスラム教ではない、ちょっと独特な島、地域なので他のインドネシアに較べたら安全だとは思いますが。

・・・って他人事のように書いていますが、2/22、23日とまたガルーダに乗るんじゃん、オレ!(爆)


 
2002/1/24 (THU)

☆富山出張詳細調査報告☆

 行き 2/ 9日 東秋留 → 富山
 帰り 2/10日 富山 → 東秋留

帰りなんだけど、越後湯沢にて
 特急はくたか 19:00着
 MAXあさひ 19:09発
なんて乗り換えするんだ。雪で特急が遅れるってことはめったに無いことなんだろうか?

ハローワークのこと、詳細を書こうかとも思ったんですが、やっぱやめます。みなさまもご存じの通り、今回はちょっとイレギュラーなことをやっているのであんまり書かないことにします。このページもgoogleとかで適切なキーワードを入れるとひっかかってしまうので、あんまりうかつなことはかけませんので。

【公園に落書きの牛放置、背中に「雪印またか」 徳島】
「雪印またか」、「農水省のバカ」、「農水省の責任」
→ ハゲシク同意 by 2ch用語 いいね、こういうパフォーマンスができる人。それより、タケベとかいうやつは、いままで自分がさんざんコケにされていたから、自分がたたける相手が現れて超ウレシソウにしているのが非常にむかつきました。まずはおまえが辞めろってーの。

【「珍プレー集」などの自粛を=セ、パ審判団が各局に要請へ−プロ野球 】
いわゆる「珍プレー集」など審判の権威を失墜させる内容の放送を自粛するよう申し入れることを決めた。
→ なんでこういうとんちんかんな発想になるんだろうか・・・


 
2002/1/23 (WED)

案の定・・・体調がヨロシクないです・・・(^^;)

でも、気温の変化によるものでなく・・・げ●気味です・・・(爆)

インドネシアを出発する日の昼ぐらいから・・・飛行機の中でも2回ほど・・・

検疫で申告しようかどうしようか(ほんのちょっと)迷った後、2時間拘束されるのはやっぱりうざいので、そのまま通過することに。(これ普通)

で、昨日、今日と「まだ直らず」です。これってやばいでしょうか!?

いや、モトモトお腹弱い人なので、気にしないことにしま〜す。


 
2002/1/22 (TUE)

無事帰国♪

ほぼ予定通り、8:30頃成田空港に到着し、そこから遠路ハルバルあきる野まで帰ってきました。日本(成田)は思ったほど寒くなかったです。Tシャツ、長袖、フリースしか持ってなかったからちょっと不安だったんだけど、ぜんぜんオッケー!

ガルーダインドネシア航空のGA880便はかなりガラガラ・・・たぶん搭乗率3〜4割ぐらいでないの?? って感じでした。それでも器材は3-4-3のジャンボです。つーことで、初めは搭乗券に書かれている席にて座っていたんだけど、とっとと4席まるごと余っている列に移動し、安眠スペースカクホです! 22:00発の便なのに夕飯が出たのと、ジャカルタ経由だったのと、途中シートベルトのサインが出たりして何回か起こされましたが、さすがに4席独占は快適でした。いや、快適ではないけど普通のフライトに較べたらかなりよかったってこと。

12時過ぎに自宅に戻り、昼飯を食べた後、ハローワークに問い合わせたら16:00までやっているとのことなので、さっそく申請に行ってみることに。Perthへの帰りの便(2/22)もすでに決めているので、念のため一日でも早い方がいいだろうということで。普通、夜行便で帰ってくるとその日はぼーっとしてなにもやる気が起きないけど、今回は上にも書いたようにかなり寝れたので元気です。

そんでもって、ハローワークには15:00頃到着したのですが、人はそれなりにいるものの思っていたより混んでなかったです。いや、混んでいたんだろうけど、もっと混んでいると思っていたからね。まぁ、それも15時なんて時間だからだろうなんだけど。

で、肝心の申請ですが、トータル30分程でなんなく終了♪

詳細はまた今度!



 
2002/1/21 (MON)

今日は夜22時のGA880の便で日本に帰る日です。2001年9月26日に日本を出発して以来だから約4ヶ月ぶりです。まぁ、そんな雰囲気はぜんぜんなかったんですけどね。

-- バリ滞在の費用まとめ --

☆ダイビング
 ヌサペニダ(2 DIVES) US$80
 パダンバイ(2 DIVES) US$50
 トランベン(2 DIVES) US$50
 レンタル器材  3日分  US$45

 計 US$225 = Rp.2,317,500 = 約31,000円

☆宿(HOTEL SANTAI)
 Rp.135,000 x 4日 = Rp.540,000 = 約7,290円

その他情報はパパスダイビングセンターのホームページで。バリでダイビングをやるなら、パパスはお勧めだと思います。

++ バリの総括 ++

雰囲気はやはりアジアそのもの。テロの影響だと思われるがやはり観光客は少なく、ちょっとさみしい・サビレタ雰囲気があるのはいたしかたない。オーストラリア→バリの飛行機も、バリ→成田の飛行機も搭乗率は5割以下だったと思われます。街を歩いていてもおみやげ屋はレストランはすごい多いのに、お客はほとんど入っていないという状況。特に免税店(DFS、プラザバリ)はまじ客いません。それでいてほとんどの店員(インドネシア人)は日本語が話せるんですよね・・・なんかそんな雰囲気はサイパンに似ているなぁと思いました。

高級ホテルに泊まって、ビーチでのんびりというヨーロピアンスタイルのリゾート生活ができるのであれば、それでも特に不満はないんでしょうが、そうでない人にはちょっと物足りないかもね。私はダイビングがメインで行ったので、まぁ満足でしたが。

でも、あのテロ以降はハワイも沖縄もオーストラリアも観光客激減で困っていることを考えれば、別にバリだけがさみしいってことでもないとは思います。後はテロの影響で敬遠している観光客がどこまで戻ってくるかですね。


 
2002/1/20 (SUN)

今日はトランベンというポイントです。ここはサヌールから車で約2時間30分とかなり遠いです。でも、車の中でぐーぐー寝ていたので、そんなに苦痛ではなかったですけど。

沈船がメインのポイントなんだけど、オーストラリアはアルバニーで潜った「わざと沈めた軍艦」みたいなものではなくって、「第二次世界大戦中に日本軍が沈めたアメリカの貨物船」だそうです。というわけで同じ"Wreck Diving"でもぜんぜん違います。

★ダイブログ (5)
・トランベン
・IN 11:11 → OUT 11:54 (43min)
・タンク 210 → 80
・最大深度 22.8m 平均深度 11.5m
・水温 30℃
・透明度 10m

★ダイブログ (6)
・トランベン
・IN 12:59 → OUT 13:46 (47min)
・タンク 210 → 40
・最大深度 24.6m 平均深度 14.6m
・水温 30℃
・透明度 10m

トランベンも水中生物が豊富なので写真を撮るにはもってこいのポイントだと思います。でも、たとえばモンツキカエルウオなんかは近づくとすぐに穴に逃げてしまうので、お気楽デジカメだとさすがにうまく撮るのは難しいですね。

あとはやっぱりギンガメアジですかね。たしかに大量にいます。昔はぐるぐると渦を巻いて泳いでいたそうですが、今回はあんまり渦は巻かずに列を作ってあっちいったり、こっちいったり泳いでいました。それにしても、近寄ってもまったく気にせず真横を通過していく様はちょっと異様でした。


 
2002/1/19 (SAT)

・きれいなウミウシの写真を撮りましたが、うまく撮れているか不明です。
・ホンモノ「巨大イカ」みました。

ここのインターネットカフェはRp300/minです。

詳細はまた!

+++

今日行くのはパダンバイってポイントです。サヌールから車で1時間20分ぐらいで着いたんだけど、こっちの運転は見ているだけで怖いです。交通ルールなんてあってないようなもの、狭い道&歩行者や犬がいるのにスピードはむちゃくちゃ出すは、ギリギリのところで追い越していくはで心配性の人は寝ていた方がいいです。あと、車やバイクはそれなりに多いので排気ガスによる空気の汚れも思ったもの以上です。

★ダイブログ (3)
・パダンバイ ブルーラグーン
・IN 09:45 → OUT 10:35 (50min)
・タンク 210 → 90
・最大深度 18.5m 平均深度 10.6m
・水温  Bottom 30℃
・透明度 20-15m

★ダイブログ (4)
・パダンバイ タートルポイント
・IN 11:28 → OUT 12:16 (48min)
・タンク 210 → 80
・最大深度 24.3m 平均深度 13.7m
・水温  Bottom 28℃
・透明度 15m

このポイントは温かく、珊瑚もきれいで、サカナもたくさんいるといういかにもリゾートダイビングといった雰囲気。しかし、エントリーはいままでに経験したこともないタイプです。というのも、ビーチから「ジュクン」という船で5分ぐらい行ったところで潜ったんだけど、このジュクンというのが幅の狭い「ホントにこれでダイビングやるの??」って感じの船なのです。まぁ、言葉で説明するのは難しいのでこの写真を見てください。

で、BCDはなんと水面で着ます。マスク、フィンをつけて海に入り、そこでプカプカ浮いているBCDを着るというスタイル。まぁ、これはこれでラクチンなのでオッケーです。

珍しいものとしては「こぶしめ」というイカと、「セトリュウグウウミウシ」というウミウシ。イカは50cmぐらいあったような気はしましたが、よくわかりません。てゆーか、それなりに近づいていってもぜんぜん逃げず、ゆったりとしていました。ウミウシは・・・写真がうまく撮れていませんね。このとき、カメラのバッテリーがほとんどなくなってしまっていて、デジカメの液晶ディスプレイをつけられてなかったのが痛かったな。


 
2002/1/18 (FRI)

・初ドリフトダイビング体験
・ビーフブリトーうまかった

詳細は後日!

+++

今回のバリでのダイビングはパパスダイビングセンターにお世話になりました。インターネットでいろいろ調べていたところ、なんとなく雰囲気が良さそうだったので。

日本を出るときはバリに行くなんて思っていなかったので、オーストラリアにはガイドブックの類はなんにも持っていませんでしたが、いまどきインターネットさえ使えれば、なんでもできてしまうってものですよね。

一日目の今日はヌサペニダってポイントに行きました。サヌールの宿から車で3分ぐらいのところから、ボートに乗ってポイントまで。ここはドリフトダイビングのポイントということで、興味津々です。

★ダイブログ (1)
ヌサペニダ SD
・IN 10:25 → OUT 11:10 (45min)
・タンク 210 → 80
・最大深度 19.5m 平均深度 11.8m
・水温  Bottom 26℃ Surface 29℃
・透明度 20m

★ダイブログ (2)
ヌサペニダ LEMBONGAN
・IN 12:20 → OUT 13:04 (44min)
・タンク 210 → 70
・最大深度 24.3m 平均深度 15.2m
・水温  Bottom 26℃ Surface 29℃
・透明度 20m

"ドリフトダイビング"とは、海の流れに身を任せ、ひたすら漂うようにダイビングするスタイルのことです。フィンはほとんど使わず、本当に"ゆーらゆーら"流されるのです。2〜3kmは簡単に流されるとのこと。ボートは泡もしくはブイを目印にEXITポイントに来てくれます。

そんな感じなので、止まってゆっくりと写真を撮ることはほとんどできませんでした。あと、驚いたのはサーモクラインをはっきりと見れたこと。まぁ、サーモクラインのちゃんとした定義はよくわからんけど、温度境界がくっきりと見えるって感じ。実際には温度差は1℃ぐらいしかない場合がほとんどだけど、そのぶつかっているところが"にじんでいるように"見えるます。

まぁ、なんといっても西オーストラリアのダイビングに較べて「あったかい」というのがいいです。インストラクターの方なんか26℃でも寒いって言っていたんだけど、俺なんかちょっと暑いなぁって感じるほど。もちろん、ウエットスーツはこちらは3mmでしたよ。

ブリトーってどこの料理ですか?

セブンイレブンで売っているやつ。今日入った店でビーフブリトーなんてものがあったので、食べてみたんだけど、セブンイレブンのとは似ているような、別物のような・・・これってインドネシア料理じゃないよね?? 他のお店では結局見なかったし。食べたのはイタリアンっぽい店だったので、イタリアンかとも思ったけど、いままでそんなの聞いたことないし。

誰か、知ってます??


 
2002/1/17 (THU)

今日は8時の便なので、6時までには空港に行くことに。
で、ここからはタクシーで20分ぐらいなので、5:30には出発する必要が。ってことは5時起きだね。

それなのに・・・いま1:30分なのに、まだ起きてます!!
まぁ、今日は潜らないのでバリに着いたらゆっくりとお昼寝でもしてまーす。

ちなみに、飛行機は、
  17/01/02 THU GA727
  Perth 08:00 → Denpasar Bali 11:40
 (時差無し)
です。
バリ→日本は、
  21/01/02 MON GA880
  Denpasar Bali 22:00 → Narita 08:45
 (22日ってこと)
です。

パースとバリは時差無し、パース、バリと日本は時差1時間だから・・・9時間45分も飛んでいるのかい!! バリってそんなに遠かったのねぇ〜 (T_T)

ちなみに、バリにインターネットカフェがあるかどうかはかなり不明。ということで、日記の更新はまずないと思われ。

ではいまから荷物でもまとめますか・・・(爆)

+++

バリ(サヌール)にもインターネットカフェはありました!
値段はRp500/1minです。1時間だとRp30,000だから、約375円ですか。これは約A$5.4ぐらい?? って結構高いじゃんかー

インドネシアは暑いです。当たり前ですが・・・てゆーか蒸し暑くて日本(東京)の8月みたいなかんじ。

・昼飯(ナシゴレン&春巻&ビール2本)
・夜飯(ミゴレン&フライドポテト&ビール2本)

それぞれRp35,000ぐらいです。ナシゴレン&ミゴレンはとってもおいしかったけど、ポテトフライはほんとに"いも"を切って揚げた(?)だけ+ケチャップというか「かなりがっかり」なものでした。ビールはビンタンビールの330mlのやつで、味はまぁまぁかな。

ちなみにこっちのATMは一回の引き出せる上限額がRp600,000(約7,500円)とかなっていて、毎回手数料200円を取られるのはちょっとなっとくいきません。なんでそんなにお金が要るのかというと、ダイビング代が3日間で約Rp2,300,000なんて額になるからです。

このインフレしている感覚はイタリアと同じですね。少なくともオーストラリアで数ドル〜数十ドルなんて生活をしていたので、ギャップが激しすぎ。

そうそう、バリ→NARITA間はジャカルタ経由となるため、実際の飛行時間は約1時間短いらしい。でも、1時間程度の途中降機じゃ、飛行機の外にもでれないだろうから、拘束時間としてはいっしょだな。


 
2002/1/16 (WED)

明日(17日)の早朝にバリに向けて出発してしまうので、Perthとはしばらくおさらばなのですが、特に感慨のようなものは無いです。まぁ、5週間後に戻ってくるのでね。

【NSW bushfire crisis declared over】
【豪シドニーの山火事、豪雨で危機的状況脱する】
→ 去年の12/24日からだから約20日間も燃え続けていたってことですよねぇ〜。ほんと、スケールが違いすぎです。
一方、警察当局によると、火の手を逃れながらあらしによる落雷に見舞われ、全焼するという不運に見舞われた家屋もあったという。
→→ これ、なんというか・・・かわいそ過ぎです・・・

今日の夕方に、ここPerthでも煙が充満してました。その後の6時のユースで「Bush Fire発生」ってやってました。まぁ、煙も一時的にはそれなりにすごかったんだけど、ニュースではそんなに大々的にやっていなかったので、この程度のことはちょくちょくあるのかもねぇ〜


そうそう、今日Optus(携帯電話会社)からSMSが入ってきました。2/1からSMS一通(160文字まで)につき22cから25cに値上げしますだって。A$1=\70として、約17.5円ですか。日本ってたしか2〜3円だよね、普通。しかも、こっちのSMSは本当にTEXTメッセージしか送れないショボショボのやつなのに。携帯電話の技術は日本が2,3年進んでいるって感じは本当にしますね。

【欧州ナンバーワンのNokiaの携帯電話兼PDA,米国上陸へ】
→ 上記の話の流れから行っても、米国の次に日本に来たとしてもたぶん流行らないと思います。てゆーか、PHS+PDAなんてずいぶんと昔からあったけど、使ってる人見かけたことないし。少なくともi-modeに慣れてしまった人が、こんな『レンガ ^^;』なんて言われているものを持ち運ぶはずがない。データを端末側においておくと、やっぱり最後にはシンクロナイズの問題が出てくるので、インターネット経由で一元管理するのがベターなのでしょう。てゆーか、ノキアの端末っていくら『洗練されてる』って言われても、日本人ウケはあんまよくないよねぇ。

話はぜんぜん変わりまして・・・

【洗剤ゼロ洗濯機「布傷み激しい」】
【「洗剤いらない洗濯機」社運握る大論争】
→ 『1日着た肌着の汚れの定義』って・・・そんなの定義するの無理に決まってるじゃんねぇ〜 でもなんか子供のケンカみたいでちょっとおもしろかったよ。(・∀・)イイ!

【TDLが、4000人の大量募集】
2月13日から15日までの3日間、面接会「春のキャスティングサテライト」を近くの東京ベイNKホールで開催する。
→ をぉ、ちょうど日本にいるじゃん、俺・・・(^^;)


 
2002/1/15 (TUE)

5週間ほど不在にするため、バイトもいったん辞めることにしました。まぁ、もともとそんなにバリバリ働いていたわけではなかったので、生活にはあんまり影響はないのですが。とりあえず、いままで自分のパソコンでいろいろとページを作っていたので、今日はそのデータを会社のパソコンに移し替えてきました。

AKIさんから「今日、えっちゃんとGaku君の送別会があるんだけど、夜空いてる?」と誘われたのですが、残念ながら先約アリでした。というのも、日本に帰っている間、代わりに住んでくれる人を募集しているってことは前にも書きましたが、Yoshiの友達のコウジさんが借りてくれることになったので、部屋の説明などを兼ねてうちで夕飯をみなさんで食べることになっていたのです。

みなさんというのは、Yoshiの家に居候しているゆうこちゃんと、Perthに来てから一番長いおつき合いのカオルと合わせて5人です。カオルは俺が戻ってくる2月下旬にはもうパースにいないので、ある意味お別れ会。まぁ、いろいろと話題提供ありがとうございました、って感じかな??(^^;)

7時30ごろからお手製豪華ディナー(炊き込みご飯、ポーク生姜焼き、野菜スープ)を食し、結局11時ごろまで飲んでいましたね。ということで、今日もお疲れでーす。


 
2002/1/14 (MON)

こっちでインターネットに繋げる際には、ホームステイ先の息子シェーンの彼女の大学のアカウント("の"が多すぎ!)をずっと借りていたんだけど、どうもシドニーから帰ってきたら使えなくなっていました。パスワードを変えられたというよりも、彼女が大学を卒業したのでアカウントが抹消されたんだと思う。ということで、日中時間帯のインターネットはできなくなってしまいました・・・

つーことで、今日は深夜までかかってシドニーの出来事をなんとか書き込む。アンド、溜まっていたメールの返事などなど。

ODNさん、国際ローミング15円/1分はもうちょっと安くなりませんでしょうか!? So-netさんは無料だって話ですよ!! (^^;)


 
2002/1/13 (SUN)

12日の23:50頃無事帰宅しました。

Sydney時刻では夜中の3時だというのに、その後洗濯を決行!

でこれから寝ます

Perth 時刻 13日1時40分過ぎ・・・
Sydney 時刻 13日4時40分過ぎ・・・

Zzz... 


 
2002/1/12 (SAT)

私は今日の夜21:15分発の便にてPerthに帰る予定。

ほんともうシドニーは満足って感じで、「今日はここに行くぞ!」って場所も、気力もありません・・・ 5日間、それなりに歩ってもいたし、まじで一日どうしようって感じ。

チェックアウト後、荷物を駅のロッカーに預けるべくセントラル駅へ。そこで、ハングリージャックスというハンバーガー屋でブランチ。一時間ぐらいうだうだし、本当に今日をどう過ごすか考える。たまたま土曜日なのでパディントンの方でやっているというマーケットにも行こうかと考えたけど、天気も悪いし今日はあんまりたくさんは歩きたくないのでボツ。

で、結局なにをしたかというと、CityRailの一日券を買って、いろんな街に行ってみることに。

まず、Newcastle行きのインターシティに乗ってHornsbyという駅に行ってみることに。特に意味はないんだけど、シドニーの北部を電車でまわろうとすると、そこが乗換駅になるってだけの理由。

無事40分ぐらいでこのホンズビー駅に到着。で、一応駅を下りてみるとまたありました、Westfieldが。う〜ん、この「Westfield」は本当にそこらじゅうにあるんだなぁと、変に感心。

また駅に戻りシドニー市内に別ルート(ノース・ショア・ライン)で戻ることに。ちなみにこの途中にチャッツウッドって駅があり、もちろんここにも巨大なショッピングセンター「Westfield」があります。今日は途中下車はしませんでしたがね。

このラインに乗っていると、ハーバーブリッジを電車で通過できます。でも、これも思っていたほどいい眺めではなかったね。車で通ったときとそんなかわらないかも。ということで、別にお勧めではないです。

セントラル駅に到着したので終点かと思って、いったん降りたんだけどまだ乗ったままの人も結構います。ということで、表示板を見てみるとそのまま西部に行くらしいことが発覚。急いで再度乗り込みあてもなく次の街へ・・・

オリンピックパークに行こうと思い、リドコムという駅で降りようとするも、その前辺りからすごい睡魔が襲ってきて結局降りるのを断念。そのままParramattaって駅まで行き、下車してみることに。するとやはりありました、「Westfield」。ぷぷぷ。

たしかに、乗換駅などのそれなりに大きいところでわざと降りているというのもあるけど、まじでオーストラリアにはこのデパート(?)しかないのかよ!って感じです。日本だったらもうすこし、いろんなデパートがあるでしょよ。

こうなったらもう一個見つけたくなりました。ということで、またもや違う路線(カンバーランド・ライン)に乗り換えて、Liverpoolに行くことに。そう、イギリスのリバプールと同じ名前ですね。てゆーか、オーストラリアにある地名やらなんやらは、イギリスにあるものか、アボリジニの単語ってことがほとんどだから別に驚きませんけど。

で、このリバプールって駅はマップ上は3路線乗り入れている駅なんだけど、あんまり大きな駅ではなかったです。駅じたいは新しく作り直されたみたいで、近代的できれいな建物だったんだけど、駅前は閑散としていました。あー、ここには「Westfield」なかったかぁ〜、と思ったのもつかの間地図を見てみたらありました! 駅前ではなく、ちょっと歩いていったところにあるようです。くだらないですが、ここまできたら疲れていても見に行ってみたくなるものです。ということで、頑張って歩きましたよ、まじで。お腹も空いてきたので、ここのフードコートでちょっと一休み。

19時にセントラル駅に戻っていればオッケーなので、まだもうちょっと時間があります。ということで、帰りがけにさっき飛ばしてしまったオリンピックの会場を見に行くことに。リドコムという駅でオリンピックパークに行く電車に乗り換え、なんとか無事到着。帰りの電車を調べると、セントラルまで直行で帰れる電車がちょうど30分後ぐらいにあったので、その間ちょろっと見学することに。まぁ、時間も時間なのでそとから見ただけだったんだけど、日中でも中に入るにはガイドツアーに参加する必要があって、有料だとか。

セントラル駅に戻り、荷物をロッカーから取り出してすぐに空港に行くにはまだちょっと早かったので、サークル・ラインに乗って一周してみました。で、そのまま空港に行く路線に乗り換えて空港へ。しかし、最後に落とし穴が・・・って今日は一日券を買っていたのでそのまま行けると思っていたんだけど、自動改札のドアが開きません。で、窓口に行くと「空港駅使用料(?)」だかを払わないと行けないとのこと。しかもA$7.8もします。一日券がA$13だったのでかなり割高だなぁ。

帰りのカンタスは特に大きな問題もなく、予定より10分遅れで着きました。しかも映画2本見れたのでまぁいいんだけど、夜食の時に「ビールくれ」って言ったら「A$5です」って言われたのには驚いた。

なんだよ、あいかわらずカンタスけちくせーなー、こっちは往復でA$750も払ってんだぞ、A$2ぐらいのビールぐらいただでよこせ!!

と思ったんだけど、後で聞いたら国内線は日本でもそうなんだってね。知りませんでした・・・日本だと国内線は1時間ぐらいしか飛んでないから、たいてい昼間だしビール飲もうって気にもならないから気づかなかっただけでしょうか。


 
2002/1/11 (FRI)

たった3日しかいないのに、もう行くところがありません。(爆)

でも、今日のお昼はフィッシュマーケットに行って食べることに。ここ、そんなに期待していなかったんだけど、なかなかどうしてかなり充実しているではないですか。今回はお昼を食べに行っただけだったので、買い物はしなかったんだけど(買っても困るし)、日本のサカナ屋のような品揃えでなんともうらやましかったです。

オーストラリアに来て、ほんとにサカナをあんまり食べていないのでねぇ〜。てゆーか、Perthではそんなステキなフィッシュマーケットなんてないのよ。サカナを買おうとしても、種類も少ないし値段も高い。そもそも、サカナ売っている場所がかなり少ないってのが根本的な問題。なんでPerthも海に近いのに、こんなにも環境が違うのでしょうか・・・うちの近くにこのフィッシュマーケットがあったら、少なくとも週一回はくるだろうと思うのに。

その後、イトコの子守を俺が引き受け、別行動することに。子守といってもIMAXシアターに連れて行くだけですけどね。IMAXシアターはPerthにもありますが、もちろん行ったことありません。でも、3D用のメガネをして、見るやつはどっかで見た記憶があります。たしか新宿にもIMAXってあったけど、行ったことないよなぁ・・・これもディズニーランドだったけかなぁ・・・すでに記憶ナシ・・・

で、見たのは「CYBERWORLD IN 3D」ってやつだったんだけど、まぁまぁかな。別におもしろいわけでもなく、単に3Dを見ていたって感じでした。でも、50分もあの3D映像を見ていたせいで、二人とも頭が変になり、続けてみようとしていた次のタイトルは結局やめることに。チケット買うときに、2タイトルだと安くなるし、待ち合わせまでの時間までを考えても、ここで2時間潰すのがいいと思いせっかく買ったのに結局無駄になってしまった。ちなみに、このIMAXの3Dって他の人はあたま変にならないのでしょうか?? 少なくともうちら二人とも調子悪くなってしまったんですが・・・

5時半に待ち合わせをしていたので、適当に時間を潰しつつ集合場所へ。3人は今日の夜の便で日本に帰るので、今日はチャイナタウンンに行って中華でも食べようと思っていたんだけど、二人はお茶した際にケーキを食べて、そんなにお腹が減っていないとのこと。で、結局最後なのにフードコートで済ますことに。でも、フードコートのお店って6時とか6時半ごろに閉まるところが多いのね。まぁ、昨日はクルーズだったからよしとしますか。


 
2002/1/10 (THU)

今日のメインはクルーズです。これといって見たいところのリクエストもないようなので、モノレールに乗ってその間に考えることに。途中、ダーリングハーバーにて戦艦と潜水艦の一般公開イベントみたいなものをやっていました。そこにでも行こうかと思ったんだけど、イトコの子も興味無いとのことで・・・

結局、2周ほどしてパークプラザ駅で降り、タウンンホールと聖アンドリュー教会を見に行くことに。両方とも中を見ることができ、それなりにきれいだったりするのですが、どうもシドニーだと歴史的価値に限界があるので、いまいち「をぉー」ってのはないんだよねぇ〜。

その後、クイーン・ビクトリア・ビルディング(QVB)と呼ばれるこちらも古い建物にいろんなお店が入っているところに行ってみる。う〜ん、でもここも買い物する用がある、またはウインドウショッピングが大好きって人にはいいかもしれないけど、9歳の子供にはやはり無理があるようで・・・

結局、「プールで泳ぎたい」というので今日も早めにホテルに戻ることに。「9歳で海外旅行はまだ早いな」と思いました。まぁ、俺が初めて海外行ったのは大学3年の時(20歳)だったから、それに較べればうらやましいかぎりなんだけどね。

クルーズは昨日電話で予約をしておいたので、7時にサーキュラーキーに行けばオッケーなのです。ちなみにキャプテン・クック・クルーズというたぶん一番メジャーであろうクルーズを申し込んでしまいました。"スターライトクルーズ"という大人でA$59のやつ。他にもオペラ付きとかあったけど、ごくごくシンプルなやつ。そうそうJTBのツアーの人がぱらぱらいましたが、思ったほど日本人の割合は多くなかったかなぁ。2〜3割ぐらいってとこ??

おととい買ったキンコースのインターネット代がまだ残っていたから、10時に戻ってきた後行ってみたんだけど、閉まってました。表のドアにはネオンサインで「24hour open」みたいにどうどうと書いてあるのに・・・なぜ??


 
2002/1/9 (WED)

今日はレンタカーを借りてみました。本当は4日間とも借りようと思い、7日の日にレンタカー屋に行ってみたんだけど4日間でA$450とか言われたのでやめたのでした。だって、これだったら頻繁にタクシー使ってもそっちの方が安上がりだと思ったので。

でも、今日は一日だけ借りてみることに。とりあえずイトコ(9歳♂)が海で泳ぎたいというので、Bondi Beachに行くのと、時間があればハンターバレーにも行ってみたいなぁとの予定。しかし、山火事が気になったのでレンタカーを借りるときに「ハンターバレーには行けるの?」って聞いたら、「ぜんぜん問題なし」とのこと。でも2時間半から3時間かかるんだって。まぁ、なにはともあれボンダイビーチへ。

ちなみに私は泳ぐなんてちょっとも予想していなかったので、水着を持ってきていませんでした。ということで荷物番です。でも、さすがシドニー近郊のビーチだけあってたしかに人は多いね。江ノ島ほどとは言わないけど。まぁ、ビーチじたいもそんなに長くないし、凝縮されているだけかも。ちなみに最短の道がわからず、ちょっと遠回りをしてしまってシドニー市内から40分ぐらいだったかな。

結局、2時間ほど海にいたので出たのが12時ちょっと前。レンタカーの1日は24時間の計算なので、とりあえずハンターバレー方向に向かってみることに。途中、お昼を食べようとハイウェイを下りたんだけど、なかなかお店が見つからない。結局、うろうろ走っていたらCHATSWOODのショッピングセンターとかいうところにたどり着きました。ここ、例のモーリーショッピングセンターとまるっきり同じ「Westfield」で、もちろんフードコートも充実しています。ということで、今日もお昼はフードコート♪

お昼を食べたところで13:30頃になっていたので、結局ハンターバレーに行くことはあきらめることに。そのかわりこのショッピングセンターをいろいろ見て回ってました。レンタカーも24時間借りられるとはいえ、ホテルの駐車場に泊める場合は一泊A$24とかかかるっていうので、窓口が閉まる18:00前に返却してしまうことに。それにしても、宿泊客がホテルの駐車場に止めるのに普通お金かからないでしょ?

チャッツウッドから適当にドライブをしながら市内にまた戻ってきたんだけど、またもや何回か変な方向に行ってしまいました。まず地名がまだまだわからないってことと、道路もけっこうごちゃごちゃしています。合流するのと分岐が近かったりと、ほんと首都高を思い出すほど。

そうそう、せっかくだからハーバーブリッジを渡ろうとしたのに、初めは海底トンネルに行ってしまったり・・・ 結局戻ってきてハーバーブリッジも渡ってみたんだけど、8車線もあるので、オペラハウスはまともに見れません。はっきり言って、車で通ってもぜんぜんおもしろくないです。しかも、郊外から市内に向かう際にA$2.2の通行料がかかります。それも3日後の12日からA$3に値上げだって。

レンタカーの場合、ガソリン満タン返しが基本ですが、これがまた一苦労でした。って、別にセルフスタンドが問題なんじゃなくって、ぜんぜんガソリンスタンドが見つからないの。ハーバーブリッジを渡って戻ってきたところから探しはじめたんだけど、市内では見たこと無かったので適当にまたどんどん郊外の方へ。しかし、選んだ道が悪かったのか、行けども行けどもガソリンスタンドがありません。結局10分以上走ったところで、なんとか発見。いやぁ〜、変なところで疲れてしまいました。


 
2002/1/8 (TUE)

シドニーに遊びに来るのは、親戚のおばさんとその息子(9歳)とうちの母親です。

とりあえず、フードコートに行ってランチ。ゴールドコーストに2泊してからシドニーに来たんだけど、フードコートは初めてとのこと。オーストラリアにはこれといった「オーストラリア料理」というものが無いため、各国の料理がそのまま入ってきているわけだけど、ある意味「フードコート」がオーストラリアの名物なのかも? とちょっと思ってしまった。ヨーロッパを旅行していても、いろんな国の食べ物屋がまとまって商売しているようなのは見たこと無いし。

その後、スカイタワーに行くことに。まぁ、はっきり言って東京タワーみたいなもんですな。大人約A$20です。普通は高いなあぁと思うのですが、おまけとしてスカイツアーなるものの入場料も含まれています。これ、ディズニーランドにあるアトラクション(名前失念)みたいに、画面にあわせて座席が動くやつで、オーストラリア各地を巡るツアーを楽しめます。

今日は3人が早朝起床、ゴールドコースト→ブリスベン→シドニーと移動してきて疲れているため、結局観光はこれのみ。


 
2002/1/7 (MON)

まじ、カンタスにはマイッタね。

23:50分発に変更になったのは前出の通り。それはまぁヨシとしよう。しかし、その搭乗開始予定時刻の23:20分になってもゲートは開く気配なし。そのまま出発予定時間の23:50分になってもそのまま・・・ 結局搭乗開始したのが00:15分頃で、離陸したのが00:40分ごろだったと思います。

まぁ、これぐらいのことでいちいちキレテいては飛行機には乗れません。しかし、今回はその後がよくなかったです、はい。

今回はSydney直行便でなく、Melbourne経由便だったのが痛かった。もちろん、Perth→Melbourneの出発が50分も遅れたので、Melbourneに着くのも06:05分着の予定が40分遅れて6:45分到着。もちろん、乗り継ぎ予定の6:45分発QF406便はアウト。

コンコース内のカンタスのカウンターにて事情を言うと、当たり前のように用意してあった次のチケットを渡される。ちなみに7:20分発のQF412便でした。Melbourne→Sydney間はシャトル便があって、20〜30分に一本ぐらい飛んでいるらしく、結局2本後の便になったってことらしい。

で、オチはここからなんだな。07:30分ごろ、機体が動き出し、滑走路に向かいます。そこで、離陸となるわけですが、ほんのちょっと加速したところで、なんと加速中止し、ブレーキがかかるではないですか。さすがに、いままでそれなりに飛行機には乗っていますが、こんな経験は初めてです。

結局、滑走路を離れ元の場所に戻ることに。もちろん、器材になんらかの異常があったから離陸を止めたわけで、その調査をするんでしょう。で、しばらくして08:30頃までかかる可能性があるので、普段はいけないのですが携帯電話にて連絡を取りたい人はどうぞみたいなアナウンスが流れました。確かにビジネスでシドニーに行こうとしている人にとってはいい迷惑です。もちろん、遊びの私にもいい迷惑なのは同じですが・・・

結局、動き出したのが09:00時過ぎ。ホントに不良個所は直ったのか?とかなり不安でしたがどうしょうもありません。で、さすがに今度はちゃんと飛び立ってくれました。でも、シドニーに着いたのは10:20分頃。これじゃ、もともとメルボルンを09:00時に出る予定のQF418と同じってことじゃんかー。あー、長かったぁ〜&疲れた。
ちなみに、Perth→Sydneyの直行便が取れていれば、
 QF518 Perth 00:05 → Sydney 07:10
だったのにぃ〜

って、たった3時間しか違わないの?? なんか5,6時間ソンした気分なんですけど・・・

-+-+ 以上 カンタス ネタ 終了 -+-+

Ritsuは俺がまだメルボルンの空港で待たされているときにすでにシドニーに着いていました。で、予想通りシドニーセントラルユースホステルは一杯なんだって。実は一昨日Yoshiの友達からそんな話を聞いていたのであんまり驚かなかったんだけど。でも500人以上収容できるユースが一杯ってのはやっぱおかしいわな。

しょうがないので地球の歩き方に載っている安宿に電話してみる。するとぜんぜん混んでいない模様であっさりとオッケー。しかも、空港にいるといったらピックアップしてくれるとのこと。でも、実際についてみると結構汚いところで、ちょっとがっかり。

今日のシドニーは雨でしたが、宿で1時間ぐらい休憩していたら止みました。

その後、Ritsuと合流シドニー市内観光に。俺は今日も含めて6日間もあるんだけど、Ritsuは明日にはFijiに飛び立ってしまうので、一応メジャーなところは行ってみることに。といっても、ハーバーブリッジを見て、オペラハウスを見て、モノレールに乗って(?)・・・ってシドニーって意外とちっさくない?? まぁ、Perthに較べたらぜんぜんおっきいんだけど、でも、頑張れば歩いてほとんどのとこに行けてしまいます。

その後、Ritsuがメルボルンからのバスで一緒だった人と、夕飯を食べる約束をしているというので一緒に行くことに。ちなみに彼女は香港生まれで、8歳(?)からオーストラリアに来ているそうです。しかも日本語もかなり話せます。その、彼女の会社の同僚に日本人の方がいて、結局6人で夕飯を食べることに。で、そこで会った日本人の彼はアクセンチュアの人でした。

夕飯食べた後、4人でその彼の部屋におじゃましたんだけど、いやぁ、ほんと驚いたね。そのすごさに。市内の高層マンションに住んでいるんだけど、「サービスアパートメント」っていってホテルみたいに掃除とかベットメイキングとかしてくれるんだって。しかも眺めも最高。

彼は大学からアメリカに行き、日本のアクセンチュア(旧アンダーセンコンサルティング)に就職し、プロジェクトの関係で半年ぐらいシドニーに滞在する予定とのこと。それにしても聞く話、聞く話ほんとにうらやましい限りでした。

さすが外資系、まじびびったYO! ← 2ch風(爆)

※ てゆーか今日の日記長すぎー


 
2002/1/6 (SUN)

今日の夜、シドニーへ出発です。といっても23:50分発なんてちょう迷惑な時間なんですけどねぇ〜。

1月17日〜2月22日までこの部屋を空けることになるので、誰かに又貸ししようと思い、インターネットやらバイト先の掲示板に募集広告を出しているんだけどぜんぜん反応ありません。

しかし、お隣さんのYoshiが、彼の友達に話をしたところ「興味アリ」ってことになり、その彼が今日シドニーから着いたというので、さっそく部屋を見てもらいました。ほんとは不動産屋に払っているA$130/wが希望だったんだけど、このまま見つからないのも危険なのでA$120にディスカウント。まぁ、もしA$130だとしても、電気、ガス、電話の基本料は俺もちなのでそれでも十分お得なんだけどね。もちろんテレビは新品だし!

一応、明日サムライに行って他にいい物件がないか見てみるとのことですが、かなり前向きに考えてもらえることに。もともとYoshiの友達だから心配もないだろうし、できれば彼に入ってもらいたいですな。

そうそう、彼(名前聞いてないっけ)はシドニーから来たので、今の"Bush Fire"の様子を聞いたんだけど、市内は普段とそんなにかわんないんだって。テレビのニュースとかだと、煙でかなり曇っている映像とかもたまに流れているので、市内でも大変なのかなぁと思ったんだけど、そうでもないみたい。ということで、ちょっと安心です。

【豪の山火事、千葉1県分を焼失】
→ それにしても、スケールの違うこと・・・


 
2002/1/5 (SAT)

今日はSubiacoに行ってきました。スビアコじたいは何回か行ったことあるんだけど、金、土、日にやっているマーケットにはまだ行ったことなかったので、ちょっとふらっと。

地球の歩き方にも15行にわたって書かれているので、それなりのものを期待して行ったんだけど・・・そうでもなかったね。出展されているのはフリーマントルのマーケットとそんなにかわんないと思う。広さもそんなスビアコパビリオンで約60店とか書いてあるけど、30分もあれば回れてしまう広さだし・・・ということで、1 Zoneのチケットが切れるまえにCityまで帰ってきてしまいました。

Cityからスビアコまでは 2 Sectionだけど、うちの近くのバス停から乗ったから1ゾーンなのね。2セクションだと乗り換えできないんだそうです。これ、最近知ったんだけど。

今日もKaoruがうちに来ました。実は俺がSydneyに行って留守にしている間、Kaoruとそのの友達に部屋を貸すことに。で、いろいろと生活のコツを教えることに。といっても、ただ、ガスの調子がよくないので、その対処法とランドリールームから帰ってくるときの扉の暗証番号、あと鍵を渡したことぐらいだけど。

どうせもともと居ないんだから、ただで使っていいよって言ったんだけど、それだと気がひけるというので・・・一応お金をもらいました。まぁ、Kaoruには夕飯を何回もごちそうしているので、それとちゃらって感じかな。


 
2002/1/4 (FRI)

今日は不動産屋に行き、家賃を払ってきました。1/10日分まで払ってあるので、その続きなんだけど、例によって日本にちょっくら帰るのでまとめて払わないといけないのよね。

まぁ、こっちのお給料で払っているわけではないので、はじめっからまとめて払ってもぜんぜんいいんだけど。今回は8週間分(A$1040)を払ってきました。これで3/7日まで行かなくていい計算なんだけど、電気代とかガス代の請求が不在の間にきちゃったらどうしよう・・・

あと、QANTASからまた電話がありました。エスペランスに行っているときにもケイタイに留守電があり、折り返し電話したところ「1月12日のSydney→Perthのスケジュールが変更になりました」って連絡でした。で、今度は行きの6日、7日の便が変更になったって連絡。大丈夫か、カンタス? これって山火事が影響しているの?? たぶん違うと思うけどね・・・

☆2001年11月12日に予約をした時のスケジュール
・Flight 1
 2002/01/06 QF648 Perth 22:50 → Melbourne 05:05(+1)
 2002/01/07 QF400 Melbourne 06:00 → Sydney 07:20
・Flight 2
 2002/01/12 QF573 Sydney 20:45 → Perth 22:20

★変更後のスケジュール
・Flight 1
 2002/01/06 QF648 Perth 23:50 → Melbourne 06:05(+1)
 2002/01/07 QF406 Melbourne 06:45 → Sydney 08:05
・Flight 2
 2002/01/12 Sydney 21:15 → Perth 22:50

まぁ、どれも余裕を持って予約しておいたので影響はぜんぜんないからいいんだけど、めんどくさいよね、ちょっと。

あと、オドロキの新事実。ってほどでもないけど、Ritsuも7日の朝にメルボルンからシドニーに到着するんだって。しかも、8日の朝にはもうFijiに飛び立つとか。ということで、偶然の再会です。とりあえず、ランチでも一緒にということに。ディナーはすでに先約アリとのこと。

ん? こういう場合って「偶然の再会」ってイメージとちと違うか・・・な?? 電話で聞いたところによると、シドニーでも二人とも同じユースに泊まる予定だったので、知らずにシドニーで会った方が劇的だったなぁ〜。ちなみにRitsuと最初に会ったのは、Perthのユースです。


 
2002/1/3 (THU)

新年早々、クラッキング(defaced)されちゃったWWWサーバ♪

【http://zzz.t.u-tokyo.ac.jp/】
→ もちろん東京大学ですねぇ〜

【http://www.bi.appi.keio.ac.jp/】
→ こちらは慶応大学ですねぇ〜

【http://f031adsl6.coara.or.jp/】
→ ADSL接続している普通のユーザなのでしょうか? でもADSLってわざわざドメイン名をつける必要もないと思うんだけど・・・でもダイヤルアップしたときにも、"pppほにゃらら"なんていうドメイン名が付いていることが多いからADSLでもつけるのかな!?

※ 上記のページは管理者にばれた段階で閉鎖されてしまうと思うので、見えなかったらあきらめてください。

+++

今日は郵便受けのところで、お隣さんのYoshiとばったり出合い新年のご挨拶を。てゆーか、ちょうど二人ともこれから夕飯を食べるところだったので、おじゃまして食べることに。

いや、正確にはちゃんと自分の分は自分で作って、食べるときだけおじゃましたって感じ。Yoshiとは何回か飲んだりしたことあるけど、たいてい他にも大勢の人がいることが多いので、ちゃんと話したことはなかったっけ。

途中、アナザーTakashiさんも登場し3人でマターリする。そうそう、なぜか最近2ちゃんねるAAにはまってしまいました。いまさらだとは自分自身でも思うが、何事も社会勉強です・・・(^^;)

てゆーか、忙しいときは2chなんて見ている暇もないって感じだけど、こっちだとついつい見てしまうって感じ。でも、スレッドそのものは確かにアレなんで、はまるとしてもアスキーアートどまりでしょう。


 
2002/1/2 (WED)

起きたのは10時ちょっと前だったので、約12時間も寝てしまいました・・・まぁ、前二日間ともそんなに寝てないし、ダイビング&長距離移動の疲れもあったので、しょうがないでしょう。でも、12時間ぶっとーしで寝ていたんじゃなく、何回か目が覚めたけど、起きれなかったって感じ。

冷蔵庫がからっぽだったので、近くのスーパーに買い出しに行くことに。こっちはクリスマスがメインなので、新年は1日だけがPublic Holoday で2日はたいていのお店が開いています。てゆーか、日本もカレンダー上の休みは1日だけってのは同じですか。

今日、驚いたことといえば・・・Ritsuからメールがあって「1月10日に日本に帰ることにしました」って書かれていたこと。たぶんまた戻ってくるとのことだけど、今すごいホームシックなんだって。年末に電話があったときもそんなことをニオワセテいたから、どうするのかなぁ〜って思って心配していたんだけど。

まぁ、俺が22,3歳の時にヨーロッパに二ヶ月行っていたときも、最後の方には「日本に帰りたいなぁ〜」って思ったし、バッパー/ユースホステルぐらしが長いとそう感じるのもわかります。特に初めての海外での長期間滞在となると、誰でもそうなるもんでしょう。

話は変わってシドニーの山火事ネタ。クリスマスイブの24日から続いているNSWの Bush Fire ですが、状況はかなり深刻です。テレビのニュースでも、ほとんどこの話題ばっかです。しかも、実は放火だったなんてことになったから、もう大変って感じ。

12月29日の新聞をたまたま買ったんだけど、その中では「放火の容疑で少年から事情聴取」なんて感じだったんだけど、まさか
〜逮捕者は、成人7人と未成年14人で、なかには9歳の子供もいるという〜
なんてことになるとは。

普通なら、不謹慎ながら「NSWだからまぁ関係ないか」って思っちゃうところですが、7日から12日までSydneyに行くんですよね・・・俺。たぶん、それまでに完全に沈静化しているってことはまずないでしょう。あ〜あ、なんてタイミングの悪いこと。


 
2002/1/1 (TUE)

A
Happy
New
Year!


+++

今日は6時半に起きて、朝食を食べ、8時にはダイブショップに。でも、天気がいまいちよくありません。途中、霧雨みたいなのも降ってくるし、ちょっとコンディションはよくないって感じ。

今日はお目当ての沈船に潜ります。約一ヶ月前に沈めたばかりの軍艦です。簡単なデータとしては、

 ・船名 HMAS PERTH (DDG 38)
 ・初就役 1965年
 ・アメリカ製
 ・全長 133.2m
 ・定員 333

ってとこ。

今日は変則的なエントリーというか、エントリー自体はボートなんだけど、車で近くの浜辺まで行きそこでウェットスーツに着替えたり、器材のセッティングをします。で、ここにくる途中に一人だけ下りた船長が、海からボートに乗って現れ、そのボートに浜辺から器材を移し替えます。

そこから約2分ぐらいボートで行くと、もう沈船の上に到着です。沈船のもっとも高い部分が海上から5mぐらい突き出ているのですが、これは本物なのでうまいところにうまく沈めたなぁ〜って思いました。

さすがに133mもあり、一回で見るのは不可能なので、2本のダイビングを前方部と後方部にわけて潜ることに。

★ダイブログ (3)
・HMAS PERTH
・IN 9:54 → OUT 10:21 (27min)
・タンク 200 → 80
・最大深度 29.7m 平均深度 19.9m
・水温 18℃
・透明度 10m

★ダイブログ (4)
・HMAS PERTH
・IN 11:53 → OUT 12:26 (33min)
・タンク 210 → 70
・最大深度 26.5m 平均深度 17.0m
・水温 18℃
・透明度 10m

いやぁ〜、Wreck Dive おもしろいですねぇ〜。今回は船内にはあんまり入れなかったんだけど、それでもいままでとは違ったおもしろさがあります。途中、定番ですが、タイタニックのまねをしたり、操縦室のイスに座ったり、トイレに入って「う○こしている図」を写真に撮ったりと・・・(^^;)

サカナがほとんどいなかった&透明度も思ったよりよくなかったんだけど、初Wreckとしては大満足です。他の人はみんな寒くて死にそうだった、って言っていたんだけど18℃はエスペランスに較べれば1〜2℃高いので私は大丈夫でしたが。でも、帰りのボートでの簡易温泉(ボートのエンジン用冷却水が温かくなっているのをいいことに、ウエットスーツの中に入れてた)は本当に気持ちよく、変なところで満足してました。

ちなみに、車を止めておいたこのビーチはラッキーベイと同じくシリコンサンドなので、白くて綺麗な砂浜です。ただ、海草が多いのでちょっと泳ぐには・・・って感じもありますが。元旦ということもあってか、家族連れ、友達同士など結構たくさんの人が来ていて自分たちが帰る頃(13時ごろ)には車を止めるスペースが無くなってしまうほどでした。

二本潜った後、ダイブショップに戻る途中にAlbanyのちょっとした観光名所である"The Gap"と"Natural Bridge"によって、そこでお昼に。お昼と言っても用意してきたおにぎりを食べただけですが。この、"The Gap"と"Natural Bridge"は前に行ったことある人から「たいしたことないよ」って聞いていたんだけど・・・本当にその通りでした。(爆) 

なぜなら、"The Gap"は海面から約30mの断崖絶壁ってのがウリなんだけど、俺は約600mのプレイケストーレンというのを体験済みですからねぇ〜(^^)v

14:30分にショップに戻り、器材を洗ったりタンクを移し替えていたりしているうちに、結局出発は15:30頃に。行きに5時間半かかったからだいたいに21時ごろ到着だな、って予想だったのですが、30分早く20:30頃Perth市内到着。パースって夜8時でもまだうっすら明るいのね。いままで、あんまり気にしてなかったからわからなかったけど。

自宅には21時過ぎに帰ってきて、軽くお腹が空いていたのでラーメンを作って食べ、今日はとっとと22時過ぎには寝てしまいました。

こんな感じだったので、今日も昨日同様「元旦」って感じはまったくありませんでした。

そんな"こたなか"ですが、今年もよろしくお願いします。


[Previous Month] [Next Month]

戻る