DIARY of kotanaka.com 2002/06
2002年 7月 | 2002年 6月 | 2002年 5月 | 2002年 4月 | 2002年 3月 | 2002年 2月 | 2002年 1月
2001年12月 | 2001年11月 | 2001年10月 | 2001年 9月

 
2002/6/30 (SUN)

【Perth mall fire regarded as suspicious】
→ すごいことになってました!

+++

↑の続きを書く前にWカップ決勝の感想でも。

いやぁ、非常にいい試合でしたね。決勝戦にふさわしいゲーム内容&ジャッジだったと思います。個人的には、今まで1失点で「鬼の形相&モミアゲ」で日本でも一躍人気者になったカーンに期待だったのですが、ちょっと残念。

カーンがまさかのファンブル(ミス)をしてしまったのは、Wカップ決勝のプレッシャーがそれなりにあったのでしょう。逆にこの試合2得点の(大五郎ヘア)ロナウドは、4年前のフランス大会決勝でプレッシャーに押しつぶされ、本領発揮できなかったそうですからね。

あとドイツはバラックが出場できなかったのが痛かったですな。決定的なチャンスも何度かあったけど、決められないというのは見ていてなんか日本代表を想像してしまいました。

ブラジルは確かにうまいし強かったです。この優勝に対しては誰も文句を言わないでしょう。でも、そんなブラジルも南米予選リーグをギリギリで通過し、史上最弱のセレソン(ブラジル代表)って言われていたっていうんだから、ほんとWカップってのは良くわかりませんな。

それをいうならドイツも欧州予選でグループ1位になれず、プレーオフでなんとか出場権を手に入れたってことらしいですし。そんな両チームによる決勝にしては大変良かったと思います。

あと、閉会式というかトロフィー授与の場面を見ていてもブラジルが勝ったほうが絵になるなぁと。あの紙吹雪に見えたやつは実は折鶴だったそうですが、果たして海外の人に理解してもらえたんだろうかと。

でも、セレモニーそのものはシンプルだったけど、その分選手の喜びが素直に伝わってきてちょっと感動でしたな。あのトロフィーが置いてあった台に乗ったのは、アレで本当に正しかったのかは疑問ですが・・・

++++++

冒頭の続き。

今日、"End of financial year sale"の最終日だったのでとりあえずシティに出てみることに。日本に帰ったら必要になるだろう革靴やワイシャツ、ネクタイなんかはこっちで買ったほうがぜんぜん安いのでねぇ。

何気なくマレーストリートからヘイストリートに出てみてびっくり、道路が封鎖されています。しかも、目の前には火事で焼け焦げた建物と一台のハシゴ車が。

一瞬目を疑いました。こんなところで火事が起きていたなんてもちろん知らなかったので。でも、どうも昨夜だったらしいから知らなくて当然と言えば当然だったらしいんですけどもね。

てゆーか、本当にCityのど真ん中です。しかも、ぼやとかいうレベルでなく、完全に焼け焦げてます。一階がケミストリーの建物全部とその隣の建物はなぜか2階が全焼みたい。

一瞬、火事と言うよりも爆弾テロがあったんじゃないかと疑うような有様でした。いや、まじでイスラエルの映像を見ているような感覚。

>Damage has been estimated at $6 million.

かなり大雑把な見積もりだとしても4億円以上ですか!!

しかもタイミングが悪すぎます。先にも書いたけど、今日はクリスマスセールと肩を並べる半期に一度のセールの最終日だったのです。もちろん、その火事の影響でその辺一帯は閉店を余儀なくされてしまっていました。

テレビのニュースでは「放火」だと断言していました。もちろん、犯人はまだ捕まっていません。ほんとに、どこの世の中にも悪いやつはいるもんですね。

まったく、困ったものです。


 
2002/6/29 (SAT)

え〜、ただいま午前1時ですが、外は大雨です。

+++

え〜、今日もまた1通クレズが来ましたが、無事捕獲しました。

++++++

今日、ウィルス以外にもこんなメールが届きました。

Baxter YAZBEK wrote...
>ehheeh
>i donnow if u remember me
>we met something like 6 years ago in fulda in a youth hostel
>and we exchanged website links :)
>and i still get visitors to my website refferred by your site!
>:)
>anyways
>
>how r u doing?
>here i am doing quite fine
>i am a tv presenter now and have my own show where i talk about the internet
>and show some cool websites
>
>tale care and enjoy life!
>
>baxter yazbek
>baxter@yazbek.com
>www.baxter2.com

なんと、ドイツのユースで会ったバクスターさんからでした。
参照 → http://kotanaka.com/euro97/040997-j.html

もちろん覚えています。会ったのは1997年の9月4日ですか。ということは約5年ぶりの連絡・・・。

すごい、すごすぎる!! と勝手に一人で興奮してました。

彼曰く、俺のページのリンクからたどっていった人がいて、それが元で俺の新しいサイトを知ったらしい。もちろん、当時は大学のアドレスを教えていたので、今はなくなっているんだけど、そんなこともあるもんなのですねぇ。

簡単に説明すると、詳細なログを取っているとどこのサイトのリンクから飛んできたかわかるのね("HTTP_REFERER"っていいます)。その情報に"http://kotanaka.com/euro97/040997-j.html"がセットされていて、"?"と思ってチェックしたんだろうね。

でも、「i still get visitors」って書いてあるから、前から知っていたのかな? で、なぜか急にメールしてみようと思ったのかな??

しかも、
 ・テレビの司会をやっていて
 ・自分の番組を持っており
 ・インターネットやクールなサイトを紹介している
と!

いやぁ、ぜんぜんそんな人には思えませんでしたが、すごいね。(^^;)

ということで、俺もすぐに近況を書いて返事しました。

+++++++++

え〜、これを書いている最中にまた1通クレズが来ました・・・

多分、前の4通と同じ人からだと思われマス。いまだに気づかないのかなぁ。

++++++++++++

【南北朝鮮艇が黄海で砲撃戦 韓国兵4人死亡 19人けが】
→ 北朝鮮、すげーな。今日韓国がWカップの3位決定戦だって絶対知っているはずなのに、攻撃してくるんだもんな。しかも、「韓国艇1隻沈没+韓国兵4人死亡+1人行方不明」でしょ。絶対に意図的としか思えん。

韓国の(疑惑はあるが)快進撃に嫉妬したんだろうな。世界中で"KOREA" = "South Korea"と認識されてはいかんと。「世界には偉大なる"North Korea"があるんだぞ!」というアピールプレイだったんでしょう。

案の定、作戦通りちゃんとこっちのテレビニュースでもそれなりに取り上げられていたので、やつらの思うツボ。まったく、発想が突拍子も無い、とても理解できん。

結局韓国はトルコに3-2で負け。しかも、開始11秒で先制点を決められると言う汚点つき。俺もまさかそんなにすぐ点が入るとは思っていなかったから、スパゲッティ茹でてたYo!


 
2002/6/28 (FRI)

25日に2通、27日に1通のウィルスメールが送られてきました。

25日の段階では無視していたんだけど、3通目が来たのでちょっと調べてみました。

なんてことはないKLEZ:クレズでした。たぶん"WORM_KLEZ.E"ってやつでしょう。

(1)
Return-Path: < xxx@catv296.ne.jp >
From: cnt < zzz@ohtabooks.com >
Subject: Document.write(
Message-Id: <20020624191357.WFOH1523.ttvmx2p@Jpcey>
Date: Tue, 25 Jun 2002 04:14:00 +0900

添付ファイル: "SRC.bat"、"menu[1].htm"

(2)
Return-Path: < xxx@catv296.ne.jp >
From: chiyoko < zzz@cam.hi-ho.ne.jp >
Subject: Questionnaire
Message-Id: <20020625141302.PBPC1635.ttvmx1p@Axbxrfbn>
Date: Tue, 25 Jun 2002 23:13:08 +0900

添付ファイル: "girl_06t[1].src"、"girl_06t[1].jpg"

(3)
Return-Path: < xxx@catv296.ne.jp >
From: yamashiro < zzz@book-road.net >
Subject: The Garden of Eden
Message-Id: <20020626222129.IDBH1523.ttvmx2p@Yqapyrib>
Date: Thu, 27 Jun 2002 07:21:32 +0900

添付ファイル: "Forever.exe"、"07_thumb[1].jpg"

です。

たしかにトレンドマイクロのページ通り、"From: "行は毎回違うのですが、"Return-Path: "のアドレスが同じです。ってことはこの人が感染して、3回とも俺のところに送ってきたんだろうか?

まぁ、私には感染していないので被害はないからいいのですが、こんだけウィルス(ワーム)が騒がれているのに、相変わらずアウトルックエクスプレスとか使っている人がほとんどなんでしょうね。ご愁傷様です。

てゆーか、
 【4月はKlezが猛威を振るう】
 【4月はKlezウイルスが大暴れ】
ってことなんだから、いまさら感染するなよなぁ、ほんとに。

+++

【最高の大会ではなかった FIFA会長が異例の総括】
→ 俺と同じ日に総括するなんて奇遇ですねぇ・・・(爆)

これで、内外からいちゃもんがついたってわけですが、なんなんでしょ、この後味の悪さは・・・

てゆーかお前が言ってはイカンザキ!!(なんじゃないの?)

え〜、昨日の"総括"により、Wカップネタは終了しようかと思ったのですが、むかついたのでまだ書きます。

【「ドイツ戦の審判は不当」 韓国組織委会長が批判】
→ もうね、アホかと、バカかと・・・

裏工作があったにせよ、なかったにせよ、繰り返される韓国よりの判定に世界中が疑惑の目を向けているのに、この期におよんであんたはそんな発言をするかね?

しかもあんたはFIFAナンバー2なんでしょ? はぁ・・・

【オセアニアにW杯出場枠1の考え ブラッター会長が示す】
→ もしそんなことになったら、オーストラリアは毎回Wカップに出られるということですか? だって、ほかにNZぐらいしか強いとこ無いし、そのNZさえオーストラリアから見れば余裕の相手だからねぇ。なんかへんなの。

++++++

今日、夕方家に帰ってきてマンションの門を開けようとしました。しかし、例によってセキュリティーキーパッドが全然反応してくれません。これ、もうずっとこんな調子です、セキュリティも大事だけど、調子悪くて入れないんじゃ意味ありません。

で、たまたま他の住人も来たんだけど、その人のキーパッドでも開きません。どうも、レシーバー側の問題なんだな、こりゃ。諦めてその人と車用の違うゲートまで歩いていこうとした時に・・・

ガシャン!!

交通事故です。うちのマンションは"William Street"と"Vincent Street"の交差点にあるのですが、そこでまた事故発生です。

てゆーか、うちらが居たところから約10mぐらいしか離れていないところ。もちろん、その人と急いで現場へ急行!! といっても、2,3秒で着いたんですけどね。

車は2台ともかなり損傷しているけど、とりあえず運転手などは大丈夫みたいです。2台ともからすぐに降りてきて、言い合いになるのかと思ったら、あっさり片一方が謝っている雰囲気だったので、たぶんその人が悪いのでしょう。

それにしても、一台はボンネットがかんなりへこみ、もう一台はなんとフロントガラスが丸ごと外に飛び出てしまってます。でも、ぶつけられた方(?)の同乗者が腕に軽い傷(ガラスの破片で切ったのかな?)ぐらいだったので、まぁ、不幸中の幸いってやつですな。

その後、ずっと現場にいるのも気が引けたのでいったん部屋に戻ろうと。するとタイミングよく中から出る人がきたので、遠回りせずに入れました。てゆーか、その人、デジカメ持って事故の写真撮りに行ったみたい。(^^;)

部屋から続きを観察していたんだけど、最初に来たのがなんとレッカー車。次が消防車、続いて救急車がすぐに着ました。その後、ちょっとして一番最後にパトカー到着。

てゆーかこの交差点、ちゃんと信号があるそれほど見通しも悪くない普通の交差点なのに事故が多すぎです。かれこれ8ヶ月で4回は交通事故起きてますよ。その中でも今回のが一番車の破損がひどい事故のような気がしますが。


 
2002/6/27 (THU)

今回のWカップはいろんな意味で勉強になったね。
(ってまだ終わっていないのに勝手に総括:-)

韓国、Wカップ始まるまで別になんとも思っていませんでした。好きでもなければ嫌いでもない。いままでの生活で韓国のことをそれほどまで深く考えたことも無かったし。

三星や現代なんて企業グループに仕事柄関連があったわけでもなければ、日常生活で韓国製品を買ったこともほとんど無し。ほんと気にもしていない存在だったってこと。

でも、この一ヶ月間いろんな情報を見聞きし、それを自分なりに総合してみると、どうも「韓国は好きになれない」という結論が。

当たり前の話だが、「韓国」とか「韓国人」としてひとくくりにして考えるのは確かに無謀だし、良くないことだとも思う。でも、一般的に言って、中立→嫌になったのは事実ですな。

その根拠となる事柄はあまりにもありすぎるので、ここではいちいち提示しません。

【日本がドイツ応援と批判 韓国マスコミ】
→ 日本人はドイツを応援してはいけなかったようです。

●韓国について●
自国に都合のいいニュースのみをピックアップし、それを「大本営発表」しています。これは先の戦争時に、日本が苦戦を強いられているのにいつまでも「日本軍は連戦連勝」と国民に対してウソの情報を流し続けていたのとそっくりです。

韓国の健闘についてたたえたのは、サッカーにほとんど関心が無いアメリカと、グループリーグでとっとと敗戦しライバルのイタリア、スペインが負けるを喜んでいるフランスぐらいです。その二国もどこまで本当に韓国を賞賛しているのかは非常に怪しいところでしょう。

いままで表に出てこなかった内情を知れば知るほど「北(朝鮮)となんら変わらない危ない国じゃないか」と思えてしかたがありません。そして過去のことを永遠に根に持つ、非常に後ろ向きな国民性であること・・・

Wカップホスト国としてもあまりにも未熟すぎましたね。こういうことこういったことまでやってしまうというのは、やっぱり問題ありです。

Wカップを機に「韓国のイメージアップ」を狙っていたそうですが、完全に裏目で出ていますよ。まぁ、そーいったネガティブな情報は韓国国内(もちろん日本でも)では報道されないので、本人たちは知るよしもないのですが。

また、空席問題も韓国の場合は「韓国人は韓国戦しか興味がない。だから外国チーム同士のチケットは売れ残りまくり」という事実。本当に自分の国にしか興味がない。いや、日本に対しては例外的に異常なまでの敵対心を持っているのでしたね。

【サポーターに広がるメディア不信】
→ 日本メディアの「腰抜けぶり」もあきれると言うよりここまでくると感心してしまいます。

●日本のメディアについて●
ホント、上記サイト内のみなさんの意見に大部分にて賛成です。正直な話、Wカップのほとんどの期間をオーストラリアで過ごしていたので、日本メディア(特にテレビ)の「ちょうちん記事」、「腰抜けぶり」は実際には見れていません。

でも、各種インターネットサイトによれば、その「偏向報道」は火を見るよりも明らかでしょう。「日韓共催なんだから審判(ある意味韓国の)疑惑については触れてはいけない」って・・・バカですか?

世界中でこれだけ話題になっているのに、いつまでたっても「韓国についてはアンタッチャブル」なんですか? もうね、救いようがないね。あんたらに「ジャーナリズム」とかかたってもらいたくないよ。

さんざん「報道の自由を守れ」とか騒いでいるわりには、自分たちの都合のいいように情報コントロールしているわけじゃないですか。韓国批判が起こらないように、疑惑のシーンはほとんどカットされ、視聴者に判断を仰ぐことさえさせない徹底振りだったそうですからね。

でもよかった、日本にいなくて。もし日本にいて、連日の偏向報道を見せられていたら『もっと怒り心頭』だったと思うのでね♪

●最後に●
別に私は『危ないナショナリスト』でもなんでもありません。「嫌韓=日本万歳」というのはすでに古い考えでしょう。

単にポルトガル戦、イタリア戦、スペイン戦ともちろんドイツ戦をすべてLIVEで観戦し、その判定のおかしさに疑問を抱いている一市民です。(決して今流行の"プロ市民"ではないです :o)

【韓国の快進撃に複雑なニッポン 東京・新宿で「街の声」】
〜日本対トルコ戦をテレビで観戦した横浜市の主婦(56)は、日本が負けたのを知った韓国人がソウルで喜ぶ映像を見て、ショックを受けた。「悔しい。応援する気、なくなるわよね」〜
→ 『初のWカップ共催』はどうも"失敗"に終わったようですね。


 
2002/6/26 (WED)

あ〜あ、間違って消しちゃった!! ガックシ・・・


 
2002/6/25 (TUE)

線路は続くよ〜 ど〜こまでも〜 (あれ? ど・こ・ま・で・も〜 だっけか?)

【FIFA、韓国びいき疑惑否定するが…】
→ 『火の無いところに煙は立たぬ』という諺もあることですしね。

【NYタイムズ「韓国躍進は日本への報復」】
→ 戦後生まれの日本人でここまでアメリカを「目の敵にする」人は見たことありませんが、向こうではごく普通のことのようです。

日本は"永遠に"憎むべき国

アメリカは日本に原爆を落としたのですよ。でもそのことを根に持っている日本人なんて聞いたことありません。(あくまでも戦後世代の話ね)

+++

【日本テレコム、無料アップグレード停止でユーザーに謝意】
→ まぁ、そんなこったろうと思っていました。イー・アクセスへの売却を前提に、8Mへの移行をかなり渋っていましたからね。無駄な投資はしない。これが外資のやり方。

ということで、俺もそろそろはやりの「ADSL+家庭内無線LAN」にしようかな、と。(実家の回線を8月からね)

++++++

昨日は40分近く日本に電話してしまいました。OZcallなら固定電話も携帯電話も同じ一分7.9Cという噂だったんだけど、ウソだったみたいです。いや、ウソというか料金が変わったみたい。

A$20(約1,400円)のテレカを買うと、通話先が固定電話なら3時間以上は話せます。この国際電話用のテレカってほんとにたくさん種類があるのですが、そのほとんどが携帯宛ての場合は割高なレートになるというのが一般的です。

そんななか「OZcallはなぜか同一料金」という噂だったのね。もちろん固定電話へのレートも悪くないので、OZcallを買っていました。

そのOZcallで日本の携帯電話宛に電話したら、なんと19ドル分も消費していました。やっぱり携帯電話宛は高いんじゃんか!! だまされた。いや、OZcallにだまされたわけではない。変な噂にだまされた・・・(いや、だから料金システムが変更になっただけなんだろうけどね;)

しかも、昨日はその後日本とIM(チャット)を3時間半近くしてしまった。でも、これは俺にとってはタダ同然です。なぜならプロバイダはSo-netの無制限コースだし、こっちの市内通話は一回20Cでつなぎ放題。

で、寝たのは3時ごろ、起きたのは10時ごろ。まぁ、たまにはそんな日があってもいいじゃないですか。

+++++++++



ぐず共、一生懸命走らせていただきました >> カーン様

ちなみにこっちのTVの実況では"KING KAHN"と言っていました。



 
2002/6/24 (MON)

【両雄の初顔合わせなるか W杯最大の不思議】
→ いま、Wカップに残された興味はこれしかないな。

【韓国にイタリアが中立国での再戦を要求】
〜『WANTED KOREA』。これが欧州の合言葉。列強をことごとく破る韓国に、ねたみ、反感、ライバル意識がメラメラ。まず名乗りを上げたのがイタリアだ。〜
→ 前回のフランスWカップのときは『チケット問題』こそあったものの、『審判問題』なんて聞いたことはないし、そもそもWカップホスト国としての対応に難があるよな、いろんなところで。

【FIFA審判委員長辞任へ スペインへの不利な判定で】
→ 審判委員長が"スペイン"人だったんですか? FIFA副会長が韓国人だってのはさんざんニュースに出ていましたが。それにしてもこのビジャルさんも大変な立場ですねぇ。

【疑惑の韓国戦、審判にイエローカード!:韓国寄りジャッジに抗議の声、日増しに高まる】
〜このすさまじい抗議を放置すれば、韓国の勝利はもとより、将来的にこの大会への評価までにも、悪影響を及ぼすことになるのは必至だ。〜
→ つまり『共催』の"日本"も今後・・・というのが俺が気にしていること。いや、日本サッカー協会とかが非難される分にはかまわないんだが、普通そうはならないでしょ。

今回の一件だって「韓国そのもの」が非難される風潮だし、世の中そんなもの。まぁ、いまんところ非難の矛先は「韓国&エクアドル、エジプトの審判」に向いていて、日本は外野って感じだけど、いつ飛び火してくるかわからんからなぁ。

【準決勝ドイツ−韓国戦の主審、スイス人が担当】
【疑惑に誤審…準決勝審判再編 】
→ 結局アジア/アフリカ/南米といった地域の審判は、
 (1)審判の技術レベルが低い
 (2)買収うんぬんの対象として疑われやすい
ということで、準決勝はすべてヨーロッパから選出ということらしいです。でも、ここでこういう措置を取るということは、逆に考えるとFIFAは上記のことを認めたってことになると思うんだが、その辺は誰もつっこまないのか?

〜最大の要因として、2カ国共催で組織が分散し、審判団の管理が困難になったことを挙げた。〜
→あぁ〜あ、やっぱり出てきたよ「日本も悪者説」。もうダメポ・・・

【傍若無人の「テーハンミングク」に怒!】
→ もうここまできたら呆れるしかない・・・ただ呆れるのみ・・・

【飯島愛ブチ切れ「もうキムチ食べない!」】
→ 彼女が今後キムチを絶とうがこの際どうでもいい。大事なのは「日本のマスコミは意図的に情報を操作している」という事実。

日本は「Wカップ共催」という理由だけでなく、過去の歴史的問題から韓国に関するネガティブな報道は極力避けている。だから、疑惑のシーンなどはニュースではほとんど放送せず、コメンテータもそのことには触れないように事前に釘を刺されています。その問題に対して一石を投じた今回の発言は、確かに意味のある行動だと思います。

【勲章、銅像、公休日…そこまでやるか韓国】
〜W杯を「国家イメージ向上の絶好の機会」と位置付ける政府にとって、アジア初のベスト4は夢のような快挙。〜
→ あのぉ〜、完全に『勘違い』しているようなんですが・・・これじゃ"北"となんにもかわんないじゃん! ちなみに韓国での報道はこんな感じ

【チケット問題「責任は日韓両組織委」 FIFA】
→ 審判の誤審問題がヒートアップしている為、チケット問題が影が薄くなりつつありますが、こっちの真相はどうなんでしょうねぇ。てゆーか、FIFAが腐りきっているなら、みんなでいったん脱退し、0からやり直せ!

ポルトガル、イタリア、スペインとおまけで日本が脱退すれば、それなりにFIFAも考え直すだろ。まぁ、ある意味自民党と同じ体質だから内部からの改革は無理だよ、絶対に。

【ネット競売のW杯チケット、落札者に届かず】
→ こんなアホナ人ってまだ世の中にいるんだ。そっちの方が驚きですな。約30万円、高い勉強代です。

ちなみにオーストラリアでは、
 (1)自国が出場していない
 (2)もともとサッカーはマイナースポーツ扱い(アメリカみたいな感じ)
なので、Wカップのニュースも結果をちょろっと放送するぐらいでした。

やっとこさ昨日、今日あたりからこの審判問題について報道されるようになったんだけど、それでも軽く触れる程度ですね。

「誤審問題でイタリア、スペインが怒っている。それに対してFIFAも誤審を認めた。」って感じのほんとにあっさりとしたもの。

まぁ、「自分たちとは関係ないところで、自分たちの関心のないネタで盛り上がっている」って考えればそれなりに妥当な報道なのですが、それでも一応取り上げられるってことはこの問題がやっぱり世界的な関心事だってこと。

+++

ちなみに今日、Vicとこの件に関して話をしたら「買収されているんじゃないの?」と実にあっさりとしていました。でも、イタリアやスペインには「サッカーこそわが人生」みたいな人がいっぱいいて、その人たちはかわいそうとのこと。

これは「誤審で敗退してかわいそう」って意味ではなく、「人生、サッカー以外にも楽しいことはいろいろあるのに」ってことです。

Vicは(日本で言うところの)イギリス人なので、(基本的に)ドイツは嫌いです。それなのに今度のドイツvs韓国戦は「ドイツが勝てばいい」とのご発言。

あ〜ぁ、ほんとに韓国嫌われているよ〜


 
2002/6/23 (SUN)

【“韓国びいき”を非難 判定にスペインが激怒】
【審判制度の見直し必要=韓国−スペイン戦の判定に言及】
→ やっぱりねぇ〜。どう考えてもおかしジャッジばかりでしたから、スペインが怒るのも無理ないかと思われます。

ちなみにスペインのカマチョ監督は対戦相手が韓国に決まった際に、

「対戦相手はイタリアの方がよかった。韓国の方がサッカーに関しても、それ以外に関しても難しくなる」とコメント。審判の判定についても「普通以上に韓国寄りだ」と警戒心を強めた。

とまで言っていたんですよねぇ・・・予想的中じゃないですか!!

韓国はベスト4進出でたいそう喜んでいるようですが、昨日の日記に書いたことがあながち冗談では済まされないかも・・・

ちなみに、韓国はソルトレークオリンピックのショートトラックにて韓国選手が「不可解な判定」により、金を剥奪されたことに対して思いっきり抗議しました。

彼らはそのことをすっかり忘れているようですな・・・

+++

2chから拾ってきたサイトを下記にリンクしておきま〜す。

【暴走韓国、ここまでやるか!〜醜悪な韓国の勝利】
【ふえるワカメちゃん 】
【韓国のW杯成績〔W杯〕】 ← 秀逸♪
【誤審が快挙を判定勝ちにした】 ← ジーコも吼える!
【W杯 韓国総合6 〜スペインも判定に激怒、FIFAは審判制度見直しか〜】 ← 本体

【ベッカム、かっぱ巻にハマる】 ← おまけ(笑)


 
2002/6/22 (SAT)

【凝った名前つける親=虐待しやすい!?】
→ 2chでかなり盛り上がっています、このスレ(1,2)。
言いたいことはわかるし、同意もするけど、だからといってどうしょうもない現実。「凝った名前つけるの禁止条例」でも作れってか!?

+++

これで韓国人は完全に南欧を旅行できなくなってしまったな。

(1)フランス : Wカップ直前の親善試合でジダンを負傷させる
(2)ポルトガル : 疑惑の二人退場により優勝候補→予選敗退
(3)イタリア : トッティへの謎のイエローカードにより敗戦
(4)スペイン : ゴール取り消し、疑惑のオフサイド連発により惜敗

今後、上記各国を旅行する際は日本人も注意すること。彼らからしてみると韓国人も日本人も区別がつかないので。

準決勝で万が一ドイツに勝ったりなんかしたら、ヨーロッパ全域で韓国人の国外退去措置がとられるでしょう。(なんちって)

++++++

おいおい、トルコが勝ったじゃないか!! 実は懲りずにセネガルにA$50を賭けていたりして・・・(爆)

ちなみにトルコは欧州予選第4グループで、スウェーデンに次ぐ二位。その後、オーストリアとのプレーオフに勝利し、なんとかWカップ出場を果たす。

そんなトルコもFIFA/コカ・コーラ ワールドランキングでは22位。ちなみに(疑惑の4強;)韓国は日本よりさらに下の40位。セネガルなんかもっと下の42位らしい。ということで、このランキング自体意味がないものらしい。

やっぱり今回のワールドカップは事前予想で強いと思われている方が負けるようだ。てゆーか、オーストラリアのSportsTABの予想屋(?)がしけているのか!?

ちなみに現在のオッズは・・・

World Cup Final 2002-Winner
Prices at: 23:38, 22 Jun 2002 AEST
 Brazil $1.80
 Germany $3.35
 Korea Rep $6.00
 Turkey $19.00


です。

まぁ、別にセネガルだろうがトルコだろうがどっちでもいいんだけど、ホント歴史に残る『番狂わせWカップ』だな。それだけならまだしも、『疑惑の残るWカップ』とか言われないかが心配だ。


 
2002/6/21 (FRI)

【「J-PHONE.CO.JP」ドメイン紛争が5年を経て終結】
→ たしかに1998年ごろはいかがわしいサイトだったな。それももう4年も前の話なんですか・・・

〜ドメイン名を取り戻した現在は,皮肉にも徐々にボーダフォン・ブランドの浸透を図っている最中で,今年中にはJ-フォン・ブランドが消えると目されている。〜
→ 諸行無常・・・

+++

昨日は不動産屋に行って「7月末で出て行きます」ってことを伝えてきました。そしたら、紙っぺらを一枚くれ「これに必要事項を記入して持ってきて」とのこと。

あと、上のKoujiさんが俺の部屋に引っ越すことも決定。週A$20ほど違うんだけど、それを考慮しても家具や内装などもこっちの方がいいです。それよりもなによりも、なんとKoujiさんの部屋は売りに出されていて8月で多分退去しなくてはならないらしいので。

ということで、不動産屋に「俺の後に引き続き友達が住みたいといっているんだけど、大丈夫か?」って聞いたら、ぜんぜん問題ないみたい。ということで、こちらもアプリケーションフォームをもらってきました。

あと、Singaporeの宿をインターネット上で探す。クアラルンプールではそれなりにいいホテルを選んだつもりも、泊まってみるとたいしたことなかったので、今回は初めから安いところにする。まぁ、結局ホテルって夜に帰って寝るだけだから、たいした設備じゃなくてもいいんだよね、実際のところ。

てゆーか、シンガポールのホテルはマジ高いね。ということで、一泊59S$のビジネスホテルみたいなところに決めました。約4,000円です。

++++++

【事実上の決勝戦ともいわれる準々決勝イングランド−ブラジル戦】
→ こっちの時間では14:30キックオフ。なのに、今日は15:00〜17:00までVicのレッスンです(Koujiさんが13:00〜15:00なので)。

でもVicもこの試合に関心はあるだろうから、レッスンそっちのけで見ているかも? いや、その可能性・・・大!!

ちなみに、SportsTABでの直前オッズは、
ENGLAND VS BRAZIL-RESULT(90MINS)
  England $2.70
  Draw $3.30
  Brazil $2.30

となっており、ややブラジル優勢との模様。

+++++++++

今日はVicは午前中UWA、13:00〜15:00がKoujiさん、15:00〜17:00が俺の予定だったんだけど、結局俺のほうのレッスンはやりませんでした。って、最近こんなんばっかだな・・・まっ、先にお金払っているわけでもないからかまわないんだけどね。

ちなみにKoujiさんの方はちゃんと2時間やったそうです。で、15時過ぎに俺の部屋に降りてきたんだけど、俺はもちろんワールドカップを見ていました。

Vicはたまにうちでお昼を食べるので、今日は夕飯をVicの家で食べることになっていたんだけど、急遽医者に行くことにしたとか。というのも、今週ずっと疲れがとれず体がだるいそうです。

たしかに、水曜も疲れているんだか、だるいんだかでKoujiさんのレッスンをキャンセルしたし。で、どうもVic的には「鉄分が足りない」んじゃないかと言っていましたが、念のため医者に見てもらうんだって。

結局、16:00ごろまでうちでワールドカップを一緒に見ていたんだけど、初めはイングランドが先行していてがっくり。しかし、前半終了間際同点に追いつき、後半に逆転すると超ゴキゲンです。ここまでイングランドを嫌いになるのもほんとすごいよ。

といってもそんなに試合結果に興味はないみたいで、試合途中なのに帰っていきました。ということで俺一人で試合結果を見届け、その後、昨日もらってきた「退去届け」を不動産屋へ提出しに行く。そしたらなんと「今日の午後は臨時休業」なんて張り紙があるじゃないですか!!

平日は17:30までやっているのになんだよ〜、と思ったが、もしかしてこれはイングランドvsブラジル戦を見るための休業か!? でもここの不動産屋、チャイニーズ系の人が多いのになぁ・・・

++++++++++++

日本でもすっかりおなじみの「ウェーブ」ですが、英語では「メキシカンウェーブ」というそうです。で、いまネスカフェのTVCMでメキシカンウェーブの起源みたいなものをやっているんだけど、嘘かほんとかしらないけど1986年のワールドカップだそうな。

まぁ、たぶん作り話だと思いますが、CM自体は面白いです。簡単にいうとTシャツにコーヒー(それがネスカフェ)をこぼしてしまい、勢いよく立ち上がったところみながそれにつられて立ち上がっていくって感じ。

ドイツvsアメリカ戦、いやぁ〜いい試合でしたねぇ。日本vsトルコ戦と較べると一味も二味も、三味も違いました。辛くもドイツが勝ちましたが、アメリカが勝っても全くおかしくない内容だったと思います。

後半途中はちょっと荒れて、イエローカード連発になってしまいましたが、アメリカほんとに強いと思います。

ドイツはキーパーカーンのスーパーセーブ連発でなんとか逃げ切ったけど、あれだと優勝は???ですな。


 
2002/6/20 (THU)

緊急検証! メディアの報道はどこまで信じてよいのか?
(朝日新聞は本当に左よりなのか!?)

(1)【ガウチ会長、イタリア破るゴール決めた所属の安選手非難】
(2)【ペルージャ、韓国の安貞桓と契約更新せず】
(3)【ガウチ会長激怒!安貞桓を解雇へ】
(4)【国に対する犯罪行為だ、ペルージャ会長 韓国の安を解雇】

とりあえず、(1)から順に読んでいくと・・・

(1)の"asahi.com"の記事
→ 安はイタリア戦でゴールデンゴールを決めた
→→ 安の所属するペルージャはイタリア、よって解雇
→→→ ガウチ、そりゃ大人げないよ

となります。

次に(2)の"時事通信"の記事
→ 契約を更新しないのはそのメリットがないから
→→ なるほど「昨季はレギュラー入りできなかった」のか
→→→ それじゃ、解雇もしょうがないんじゃないの?

さらに(3)の"日刊スポーツ"の記事を読む
→ 前半は「ガウチ、さすがにそりゃないんじゃないの」と思える
→→ 「29試合の出場で5得点と目立った活躍はなかった」
→→→ ペルージャの広報は「W杯開幕前にチームとして事実上放出する意向を固めていた」と説明した、ってあるなぁ

最後に(4)の"ZAKZAK:産経新聞、夕刊フジ、サンケイスポーツ"を読む
→ 内容がまったく"日刊スポーツ"と同じじゃん。パクリ!?

で、何が言いたいかというと、もし(1)の朝日の記事しか目にしなかったら「ガウチひどい、安選手かわいそう」とほとんどの人が思うでしょう。なぜならそういう風になるように記事が書かれているから。

つまり意図的にそういった情報操作が行われていると。

いや、別に朝日が左よりだろが、そうでなかろうが別にかまいません。それを前提として記事を読めばいいだけですから。つまり、いくら大新聞やテレビのニュースで報道されたからといっても、それを100%鵜呑みにするのは危険ということです。

また、人によって「どこどこのメディアは信用できる」という意見も大きく違うからね。日経新聞の記事を信用する人もいれば、あれは「東スポ並だ」という人も中にはいるわけだし。


 
2002/6/19 (WED)

実は昨日の「日本代表の負け」はどうでもいいんです。
というか、もともと負ける予定だったのです。

な・ぜ・な・ら・・・

今日、やっとこさ"ムネヲハウス"がタイホされるから♪

日本代表が勝ち進んじゃったら、こんな美味しいニュースがかすんでしまうじゃないですか! 

ムネヲも残念だったな。もし昨日逮捕されていたなら、ワールドカップのニュースに打ち消されてたのにな。

【鈴木議員きょう逮捕、許諾請求を衆院全会一致で議決へ】
【逮捕許諾を全会一致で議決 19日午後1時から】

+++

【<鈴木宗男議員>あっせん収賄容疑で逮捕 東京地検】
【東京地検、鈴木議員を逮捕 あっせん収賄容疑】
【鈴木宗男議員逮捕時刻は午後4時34分】
【ああムネオ、金と恫喝の世渡り人生】
→ 事前にわかっていた"タイホ劇"だったので、いまいちというかまったく驚きはありませんが、一応「ひと区切りついた」といったところでしょうか。

でも、いまだにすべての疑惑を否認しているので、今後どうなるのかはそれなりに楽しみなのです。てゆーか、これでどうどうと「ムネヲ容疑者」と呼べるだけでも大きな進展でしょうか。

++++++

今日は10:00〜12:00が俺のレッスン、その後昼飯を食べて13:00〜15:00がKoujiさんのレッスンの予定だったのですが、またもやVicわがままです。(^^;)

9時15分過ぎに電話が鳴ります。そんなに「いやぁ〜な予感」でもなかったけど、99%Vicからの電話だろうと。すると案の定そうでした。

「今起きたから10:30からでいい?」ってことでした。まぁ、別にぜんぜんかまいません。で、10:30からちゃんと始めたんだけど、どうもまだ眠いらしい。いつもは10時ごろ寝るのに、昨日は0時まで起きていたんだとか。

それでもちゃんと2時間ほどレッスンをしました。お昼は純日本風シチューを食べることに。ということでVicには来る際にフランスパンを買ってきてもらいました。

シチューがうまかったのは言うまでもなく、Vicは相変わらず「この素はどこで買えるの?」と作る気満々です。

しかし、今日のVicのやる気のなさはいままでにないレベル。先週からのVISAの一件や、その他いろいろあって"exhausted"らしい。で、結局Koujiさんとの午後のレッスンはキャンセルに。

まぁ、それがVicなんですけんどねぇ〜。(^^;)

そうそう、グッドタイミングでスコットランドとイングランドに関する記事が出ていました。

【イングランド、“身内”から嫌われるワケ】
〜対戦相手にエール、応援ツアー希望もゼロ…
約300年前に併合されたスコットランドでは、イングランドに対する反発が根強い。〜

→ これぞまさにVicそのもの。もちろん次のブラジルvsイングランド戦もブラジルを応援しています。そんなの当たり前です!!


 
2002/6/18 (TUE)

えぇ〜、日本戦の感想を書く前に一言。

今、イタリアvs韓国戦を見ていたんですが、それについて一言。

この審判どうにかしてくれ!!

ひどい、あまりにも下手すぎる。トッティの2枚目のイエローはどう考えてもファールじゃないだろ。ましてやイエローカードなんてもってのほか。普通に倒されただけじゃんか!

俺はてっきり、韓国のファール → イタリアのPKだと思いました。いや、世界中でテレビを見ていた人の99.5%はそう思ったでしょう。

もちろん、リプレイで何度見てもあれはイエローカードではないな。もちろん、その判定だけでなくいろんなところがおかしかったよ、この審判の判定は。というここで、非常に腹立たしかったのでもう一言いわせていただきます。


↑↑↑↑↑↑↑↑
お前にレッドカードじゃ!!


P.S.
ポルトガルも二人も退場になって韓国勝利。なんかおかしい。

+++

えぇ〜、それでは日本戦の感想などなど。

今日はKoujiさんとYoshi君とそろってパブに行きました。場所はこの前と同じ「フライングスコッツマン」です。

こちらでは14:30キックオフだったので、14:20分ごろ着くように行ったのですが、Yoshi君の友達二人と彼女の3名がすでに待機していました。ということで、うちらを合わせて6人で観戦開始。

初めはお客全部でも10人ぐらいしかいなかったのに、試合が始まるとぞろぞろと人が集まりだしました。しかも、思っていた以上に日本人がいっぱい来てちょっと驚き。まさか、こんなマイナーなパブ(ノースブリッジじゃないのでね)に来るとは。

しかも単なるサッカー好きなのかどうか知らないけど、日本人以外もいっぱい集まってきます。でもトルコを応援する人はいないような感じ。結局うちらを合わせて20人以上の日本人が集まったんじゃないのかな?

といってもそれぞれグループで来ていたので、別に交流があったわけでも、一緒に応援するというわけでもありませんが。てゆーか、試合中に日本人同士で下手な英語で会話していたのはちょっと耳障りでした。「日本語でしゃべれよ」と。

あと、パブに来ているのに何も飲み物を注文せずに、テレビ観戦だけするのもやめてくれよ。そんな客、他にいないよ。お金がないなら自宅で見てなさいってーの。

で、試合の結果は皆さんご存知のとおり0-1で敗退。でも、見ていて「惜しい」試合でもなかったので、なんかあっさりとしていましたね。

・スターティングメンバー変えすぎ
 → 予選の調子よかったんだからそのままいけよトルシエ
・鈴木は三都主でなく西沢と交代しろ。てゆーか、鈴木でなく中山だろ。
 → なんで西沢なんていうヤシが出てくるのか全くもって不明。予選で出てないから連携もぜんぜんできてないし。
・イナモトをベンチに下げるな!
 → トルシエはイナモトが脚光を浴びるのに嫉妬していた
・今日はパスミスがあまりにも多すぎた
 → 雨のせいもあるが、それはトルコも同じ
・シュートを打て!
 → パス回し -> パスカットされるじゃ見ていてつまらん!
・トルシエ&選手はトルコなめてた
 → 明らかに気のゆるみがあったよ

と、こんなところでしょうか。

番外編:【日本戦で700席の空席ブロック 誤って販売せず】
→ 見ていて「アレは空席なの?」と疑うほど空いていましたね。バイロム逝ってヨシ!

結論としては、
「別に熱狂的サポーターでもないからどうでもいい」
ってことなんですが・・・ってよくないよ! A$50も賭けていたんだぞ!!!


 
2002/6/17 (MON)

昨日、サッカーを見ている最中にVicから電話があり今日は13:30〜となりました。18時ごろ一回こっちから電話したんだけど、家も携帯も留守電だったのでメッセージを残しておいたんだけど、Vicの携帯ってほんとにいっつも電源が切れてます。つながったためしなんてないかもって思えるぐらい。

土曜日に買った新聞にTABの広告が出ていて、こっちではワールドカップの試合に賭けられることが判明。ってイギリス色が濃いオーストラリアなんだから、もっと早く気づけっての俺!!

日本vsトルコ戦のオッズは現時点で

Japan vs Turkey-Result(90mins)
Scheduled Closing: 16:30, 18 Jun 2002 AEST

Prices at: 23:44, 15 Jun 2002 AEST
Selection  Price
Japan     $2.30
Draw     $3.15
Turkey    $2.80


となっています。っておいおい、日本の方が倍率低いってことは強いと思われているってこと? すごいねぇ、日本代表。

ちなみに、90分間の結果だけでなく、どちらが8強まで行けるかというオッズでは、
 Japan $1.70 対 Turkey $2.05
となっています。まぁ、似たり寄ったりだけど、どちらかというと日本の方が強いかもってことみたいです。

【Mexico vs USA-Result(90mins) 】
 Mexico $1.95 -+- Draw $3.25 -+- USA $3.45

【Brazil vs Belgium-Result(90mins) 】
 Brazil $1.22 -+- Draw $5.25 -+- Belgium $10.00

【Korea Rep vs Italy-Result(90mins)】
 Korea Republic $4.50 -+- Draw $3.35 -+- Italy $1.70

ブラジル対ベルギー、そこまでするかい! 何が起こるかわからないWカップ、ということでベルギーでも買ってみるかな?

+++

【宮本マスク5000枚でトルコ威圧だ】
→ ヤヴァイ、こんなことになっているとは・・・でも記念に欲しいかもぉ〜。(爆)

てゆーか、これ!見て笑わない人がいたら、それはおかしいぞ!!

++++++

ということで、早速午前中TABに行って買ってきました。インタネットでも買えるみたいだけど、どんなシステムなのかも興味があったので。

そしたらなんてことはない、日本の競馬と同じマークシートでした。ちっさいテレビにオッズが流されていて、購入希望の番号(Wカップの場合5桁)をメモり、それをマークして機械に通すと買えます。

でも、日本のものと一味違うのは、マークシートの裏に購入内容が印字され、それをもらえるという点。JRAの場合は別の磁気ペーパーを渡されるけど、こっちの方が省資源です。で、内容はバーコードみたいな感じで印字され、それを持っていけば引き換えられる仕組み。

とりあえず、
 ・日本の90分以内勝利 → A$50
 ・ベルギーの90分以内勝利 → A$10
を買ってみました。

今日は13:30〜のレッスンで、ちょうどにVicが来たんだけど、入り口で入れないのでインターホンが鳴る。でも、部屋からその門をオープンできないので、結局俺が降りていくことに。って、どうにかならんのかなぁ、このシステムは。

いやぁ、今日はまたスコットランドねたで盛り上がりました。スコットランドには英語以外の言葉"Doric"ってのがあって、それを普通に話していると。そんなことぜんぜん知りませんでした。

たとえば、
・Fit ye deen --- What are you doing?
・I dinae ken --- I don't know.
・Far ye ging --- Where are you going?
・Fit a bonnie guine --- What a good looking girl.
だそうです。

で、"bonnie"ってたまに聞くことあるよなぁと思って辞書を調べてみると、

bonnie
─────────────────────────
1.<主にスコットランド英語>かわいい,愛らしい
2.<主にスコットランド英語>健康で美しい;すばらしい

なんて出てきました。

でも、これは「スコットランド英語」というよりも、すでに違う言語だと思うが・・・。Vicは"dialect"というんだけど、dialectって日本語だと"方言"でしょ?

俺は「これは方言じゃなくて違うlanguageなんじゃないの?」と聞いても、「dialectだ」と言います。ということで、「dialect = 方言」と訳すのはいかがなものかと。

だって日本語の方言って主に話し言葉であって、書かれることはめったにないし、基本的にはアクセントやイントネーションの違いでしょ。

あともっと驚きだったのは、いまだに「CLASS SYSTEM」があるんだって。これ、何かと思ったら"Lower"、"Middle"、"Upper"とかいった区別(差別とは言わない)のこと。

確かに"Sir"とかって聞いたことあるけど、そんなのごく限られた人にだけの話かと思ったら、なんか"階級意識"がいまだに根強くあるそうです。でもこれはスコットランドに限った話ではなく、U.K.(日本語で言うイギリス)全体の話だって。まったく、世の中知らないことはいっぱいありますねぇ。

+++++++++

ベルギー、やっぱり負けちゃいました。買う時点でのオッズは、ブラジルだと約1.3倍、ベルギーだと4.4倍ぐらいだったんだけど、やっぱりブラジルは強かったか。


 
2002/6/16 (SUN)

【「あれっ、9がない」】
→ 久しぶりに見るほのぼの(?)としたニュース。

【スペイン坂に“トルシエ神社”】
→ おいおい、さんざん「トルシエ批判」してきた人たちはどこへ行ったんだ? Wカップ代表メンバー発表のときなんか、日本中で「トルシエあほか!」じゃなかったのか??

でも、これって別に「日本人の典型的な行動」ってわけでもなく、世界中で当たり前に行われていることみたいです。「手のひらを返すように」って、普通は良い方→悪い方だけど、こういう風に悪い方→良い方ってのは監督業ぐらいかも!?

【救世主は物静かなスウェーデン人:イングランドのエリクソン監督】
→ ほんと、トルシエとダブりますね。Vic曰く彼はノーティーボーイとのこと。この辺はトルシエとは一味違うようで・・・(^^;)

この状況を一番悲しんでいる人 → 中村俊輔(愛称:キノコ)

+++

【決勝Tなのに空席4割 ドイツ−パラグアイ戦】
→ SBSのWカップ番組のスポンサーは「Hyundai」、「Samsung」、「McDonald's」。昨日放送があったチャンネル9の番組スポンサーは「LG」でした。これらからわかるように、Wカップに対する韓国企業の熱の入れようはすごいのですが、どうも一般市民にはその熱が届いていない模様。

++++++

スウェーデン、負けてしまいましたねぇ。前半早々に先制して、勝てるかなあと思ったけど、フランスを破ったセネガルの強さは本物でしたね。"もし"日本がトルコに勝った場合、このセネガルと当たるそうですが、日本は逆にこういうチームのほうが相性いいかもね。すくなくともスウェーデンよりかは勝ち目がありそう。

てゆーか、""もし""トルコに勝ったらの話ですが・・・(^^;)

その後、Yoshi君とYoshi君の彼女とKoujiさんで日曜夕方恒例のスビアコマーケットへの買出しツアーに行ってきました。で、たまねぎ、ジャガイモ、にんじん、レタス、キャベツ、ナス、アボガドなどを購入し約A$6。これ、ほんと激安です。

こっちはこれから冬というかすでに冬だと思うのですが、最近野菜が高くてねぇ。レタスなんかSupa Valuだとレタスなんか一個A$3ぐらいするのが、今日はA$1でしたから。

その後、今日はトンカツ(ひれかつ)を作るというのでおじゃますることに。でも、ライスとサラダは持参です。あと、ビールもね。

で、ちょうど19:30〜のスペインvsアイルランド戦をみんなで観戦。ってほんとにワールドカップ漬けな毎日です。

スペインも前半早々に先取点を決め、余裕かなぁと思ったんだけど、結局PKでアイルランドに追いつかれ、昼間の試合同様延長戦へ。スペイン、後半はぜんぜん動けなかったというか、攻撃する気がなかった感じで、見ていてちょっと面白くなかったですけど。

そのまま延長戦でもだらだらとした試合展開に感じました。そりゃ、90分の試合でさえへとへとになるというのに、その後に30分もやれというのはやっぱり無理があるんではないかと。

そういった場合に、やっぱりセネガルみたいな体力のあるチームが有利なんだろうなと思いました。で、延長戦でもアイルランドの方がまだ動けていたので、もしかしたらアイルランドかも? と思うもそのまま今大会初のPK戦へ。

普通、PK戦ってほとんどはずさないと思うんだけど、今回はなぜか両チームとも外しまくり。で、結局スペインが辛くも逃げ切りましたとさ。


 
2002/6/15 (SAT)

以下、2chから拾ってきたものをちょっとアレンジ。

そ の 1 マルフクは、ボー●フォンとひとつに。
そ の 2 小泉純一郎は、▲ーダフォンとひとつに。
ついでに kotanaka.comも、ボ■ダフォンとひとつに!?

+++

【道頓堀ダイブ数百人 裸で飛び込み2人逮捕】
【道頓堀川には10倍の大腸菌】
→ あんなきちゃないところに飛び込む人の気が知れません。って、当事者以外はみな思っているだろうな。

飛び込むのは自由だけど、「消防局員に救出される」ようなことがないようにね。自己責任でおながいします。

++++++

いつのまにか「Lycosディレクトリ」からリンクが張られていた模様。
Lycos / 地域情報 / 海外情報 / ヨーロッパ / 旅行記
リンク張ってくれるのは大変ありがたいのだが、トップページでなく"直リン"なのがちょっと残念。そこだとカウンタが回らないのです。

まぁ、google経由で来た人なんかもほとんど直接どっかのページに入るわけだからおんなじなんだけどね。カウンタが実際の訪問者数を表していないという点では。

ちなみに、Yahoo!は登録制なのでずいぶんと昔に自分で登録しましたが。
ホーム > 趣味とスポーツ > 旅行、観光 > 旅行記 >
ホーム > 地域情報 > 世界の地方 > ヨーロッパ > 趣味とスポーツ > 旅行 >

+++++++++

イングランドvsデンマーク戦、いい感じに土曜日の夜に試合開始です。ということで、パブに行って雰囲気を味わってみようかと・・・

KoujiさんとYoshi君を誘ったんだけど、「今日はから揚げを作る」ことにしていたようで、ちょっと残念。てゆーか、夕方買い物に行く際に俺も誘ってくれたそうなんだけど、ちょっと外出していて行けなかったのよね。そのまま夕飯に誘われたけど、やっぱりイングランド戦をパブで見てみようと、恐る恐る(?)一人で行ってみることに。

パブと言ってもノースブリッジだとちょっとヤバめな気がしたので、Supa Valu近くのお店に行くことに。っていうかそこが一番家から近いからなんですが。

19:30〜だったので、19:20分ごろ着くように行ってみました。予想通りというか、結構人が集まっていて、レプリカシャツ着ている人などがスクリーンの前に陣取っています。

ここの店、大画面と言ってもスクリーンにテレビの映像をプロジェクターで流すタイプね。まぁ、大画面TVなんて高くて買えないとおもうので、ほとんどのお店が同じ感じだと思いますが。

今日はSBSではなくch9での放送。ch9はこれから試合が進むにつれ、いいとこ取りのように放送を増やしていく予定です。

で、試合開始早々イングランドが先制! パブ大盛り上がりです!! でも、あのゴールはキーパーの明らかなミスだよな・・・と。

時たま「カモン! イングランド!」との掛け声がかかるときもあったが、そんなに長続きするわけでもなく、ちょっと期待していた「熱狂的応援」って感じではなかったです。

オーウェン2点目を決める!! でもこういう時はすごい喜びよう。

前半終了間際、誰かが3点目を決める!!! もう勝ったも同然の状態です。

後半なんですがイングランドはほとんど攻めることもなく防戦一方、そんな試合内容も影響してか、パブでは友達と話していてテレビを見なくなっている人も増え始める。

結局デンマークの猛攻をしのぎきり、無事3-0で勝利!。またもや拍手や叫び声などで盛り上がるも、思ったほど長続きせず、あっさりとなごやかな雰囲気に。もちろん、誰かが暴れるわけでもなく、ごく普通のパブに変身。

ということで、それなりに雰囲気は味わえたが、思っていたよりも"あっさり"していてちょっと拍子抜け〜。てゆーか、イングランド負けなくてよかった〜(^^;)

・シーマン(SEAMAN)って名前がいいよね
・スキンヘッドだらけだったな(パブじゃなくて試合がね)
・デンマークはこの日はついてなかった
・ファール、イエローカードが少なくていい試合だったよ

★ビール★
(1)Carlton Midstrength(オーストラリア)A$3 
(2)Tennent's(スコティッシュ) A$3.8
(3)Kilkenny(アイリッシュ) A$3.8
サイズは全部ミディ。300mlぐらいか?

(1)は飲みなれているやつ。350mlの缶をケースで買うとA$1ちょっとなんだけどね・・・(^^;) (2)と(3)は初めて飲んだ。(2)の方がやや美味しい。(3)は味が薄かったのでビールの苦味が苦手な人にはいいかも?

他の客は9割5分方パイント(ラージサイズ:多分600mlぐらい)ので頼んでいるのですが、俺は「ビールはひえひえに限る!」ということで、多少割高でもちょっと恥ずかしくてもミディで頼む!!


 
2002/6/14 (FRI)

今日は日本vsチュニジア戦ですが、その前にこんなニュースも・・・

【<鈴木議員>逮捕許諾請求へ 裏金疑惑を追及】
→ Wカップ期間中にタイホなんてことになるのでしょうか?

【JPEGウイルス登場、各社が警告】
【「危険度=低」のJPEGウイルスに不吉な予感】
→ 画像ファイルまでオチオチ開けない時代になってしまうのでしょうか・・・

【東証大幅続落、日経平均1万1000円割れ】
→ 「Wカップ景気・特需」なんてのは幻想だったようですね・・・

【佐川急便、ライト常時点灯で事故激減】
→ まとめにあるように、みんながやったら効果は低くなると思うが、どうだ? とりあえず、"消し忘れ"と勘違いせず、今後はパッシング不要ということで。

パースは昨日あたりから天気が大荒れです。でも、ずっと荒れているわけではなく晴れたり荒れたりところころ変わります。あんまり日本では見ないタイプの天気。ちなみにYahoo! Weatherはぜんぜん当てになりません。

+++

祝! 決勝トーナメント出場!!


Koujiさんと俺の部屋で見ていたところ、Yoshi君も学校から帰ってきて、結局3人で"観戦"していました。結果として、勝利→決勝トーナメント出場ということで「オメデトウ!」ってことなんですが、どうも日本の試合って"地味"だよな・・・

確かに「手堅く」、「慎重に」ってのもわかるんだけど、他の試合に較べて見せ場が少ないと言うか、いまいち「絶叫ポイント」が少ない。シュート少ないし、枠に入らない。

次は18日(火)15:30分〜(パース時間14:30分〜)対トルコ戦ですか。みなさん、また会社休まないといけませんね♪ 俺はたぶんパブに行って大画面で観戦する!

++++++

韓国vsポルトガル戦もキッチリとLIVEで観戦させていただきます!

26分 ポルトガル一人退場
     ↑ありゃ、確かに悪質だわな。カニバサミだし。
0-0で前半終了
     ↑ありゃ、アメリカはポーランドに0-2で負けているのね。
65分 ポルトガルもう一人退場
     ↑ありゃ、11人対9人ですか!?
70分 韓国先制! そりゃ、9人対11人ですもの・・・
     ↑ありゃ、アメリカ0-3で負けてます・・・
試合終了。ポルトガル、負けてしまいました。
     ↑ありゃ、また優勝候補が敗退ですか。

後半、見ていて痛々しかったよ。なんか弱いものいじめをしているようで・・・。ポルトガルの一人目の退場は仕方ないとしても、二人目の二枚目のイエローカードはちょっと考慮してもらいたかったな。そこまで悪質にも見えなかったし、二人少ないとさすがにゲームとして成り立たないでしょ。

ちなみに、審判はアルゼンチン人だったんでしょ? ポルトガルの選手と普通に会話しているところを見ると、ポルトガルにそこまで厳しくしなくてもいいのになぁと思ってしまったよ。それとも自国が負けたから、ポルトガルも負けろと!?

※ アルゼンチンはスペイン語圏だが、スペイン語とポルトガル語は似ているので特に問題ないと思われる。

てゆーか、サッカーって紳士的なスポーツの正反対の競技だよな。危険だし、きたないし、ずるいし。

一番むかつくシーン : 痛くないのに痛がるのはヤメナサイ!


 
2002/6/13 (THU)

今日は10〜12時までレッスンをやる予定だったので、8時に起床。そしたら8時15分ごろSMSが入り・・・「have to cancel this morning to much to do」だそうです。

昨日の日記にも書いたけど、今日の午後に移民局に行くというのにいろいろとあたふたしていたから、うすうす予想していましたが。いろんなところから電話があるかもしれないから家にいたい、ということでVicの家でやることにはしていたんだけど、それどころじゃなかったみたいですな。

午後、15時からはKoujiさんのレッスンがあるんだけど、それはちゃんとやるのかな?

+++

【県人事課が「W杯日本戦のTV観戦」禁止令】
【W杯テレビ観戦も勤務です=商品開発のヒントに−トミー】
→ どちらも正しい判断だと思います。さて、あなたの会社はどっち!?

【エステじゃありません】
→ 「エステじゃない」ことはわかりましたが、トイレはどうするのでしょうか?

+++

《速報》 ブラジルの3点目はすごかった!!

++++++

15時からのKoujiさんの授業はちゃんとあったんだけど、その途中で二人して俺の部屋まで下りてきました。KoujiさんはワーホリからスチューデントVISAに変更する手続きをしているんだけど、その申請書をVicと一緒に書いていたらしいです。

そこで、インターネットを使ってちょっと調べたい事項が出てきたので、俺のパソコンを使わせてくれ、と。俺も相変わらずWカップを見ていただけだし、パソコンはインターネットに繋ぎっぱなしだったので、どうぞご自由に、と。

調べ物が見つかり、いったん引き上げていったんだけど、また10分ぐらいしたら下りてきました。どうも、他にもいろいろと調べないといけないものがあるので、ここでやらせてくれと。まぁ、私としてぜんぜんオッケーですので、どうぞご自由に、と。

いろいろと調べていたんだけど、VISAの申請料金がVicも確信がもてないと。Yoshi君はすでにこのVISAを申請しているので、手っ取り早くYoshi君に聞いてみることに。すると運良くすでに帰ってきていたので、聞くとA$290だそうです。

その後、Koujiさんの申請書の記入も終わり、Yoshi君とその友達も含めてうちの部屋で30分ぐらいだべっていました。VicとYoshi君は俺がいない間に一回会ったことがあるそうで、今回が初めてというわけではありません。その後、Yoshi君の部屋をVicが見たいというので、なぜか見学させてもらうことに。

ちなみに、午前中はパースにあるイギリスのカウンシル(?)に出向き、スペインとの連絡を取ってもらうお願いをしてきたとか。それこで2時間ぐらいいろいろと話してきたそうです。

でも、そこでの手ごたえがよかったのか、「たぶん大丈夫」と昨日とはうって変わって、機嫌もいいです。(^^;)


 
2002/6/12 (WED)

■■■Wカップ 俺にも言わせろ!■■■

アルゼンチン、予選敗退ですか。誰だよ、優勝候補筆頭とか言っていたやつは!

後半途中からしか見てませんが、確かにアルゼンチンの怒涛の攻撃はすごかった。スウェーデンがたまらずファールをしてPKとなり、なんとか同点に。でも、完全に守備固めに入ったスウェーデンに逃げ切られてしまいました。

【経済危機に追い打ち、「夢は終わった」 アルゼンチン】

パラグアイのクエバス、すごいな彼は。国民栄誉賞もんんだよ。

+++

【パスワードを探して――歴史博物館にゲームプログラマーが救いの手】
〜設定されていたパスワードは"ladepujd"であり、それはこのコレクションを収集した研究者(Reidar Djupedal教授)のラストネームのつづりを逆に並べたものだということが分かった。〜

→ こんな超初歩的というか、パスワードにもなっていないと思われるものが、9年間も解読できなかったとな? 解読も何も、名前の反対ぐらい試してもいいと思うが。

解読したという人も、たぶん特別なことをやったんではなく、単にあてずっぽで試してみたら当たっちゃったってことだと思うな。

【急死・ナンシー関さん、各界に衝撃】
→ いろんな意味で驚き・・・ところで、

〜最近では、脳障害の少年が、母親の持つ文字盤を指差してコミュニケーションをとりながら、詩などを発表している姿をドキュメンタリーとして描いた、NHKスペシャル「奇跡の詩人」について、「母親、勝手に動かしてねえか?」「何でNHKスペシャルともあろうものがこんな番組放送してんだろ」と、痛烈に批判していた。〜

→→ この問題ってうやむやのまま? 日本にいなかったから番組は見ていないんだけど、キャプチャしたやつがインターネットに落ちていたので問題の部分だけは見ました。

ありゃ、どう考えてもおかしいだろ。こんなことやっているようじゃNHKも相変わらずダメだな。

【写メール対iモード、欧州で激突】
〜今年中にはJ-フォンの名を捨て、「ボーダフォン」に社名を変更する計画が持ち上がっている。
(中略)
日本ではJ-フォン加入者の意識調査を実施し、問題がなければ年末までに社名変更に踏み切る。〜


→ まぁ、買収された以上どうしようもないんでしょうが、日本ではあんまり受け入れられないんじゃないのかな、強い外資色というのは?

++++++

今日はAkiさんが遊びに来ました。というか頼まれていた免税店での購入品を受け渡すために。うちに来る前に寄っていたセントマークスって学校からうちまでは歩いて5分ぐらいなのに、携帯電話での意思疎通がうまくいかず結局15分ぐらいかかってやっと到着。

お昼は昨日作っておいた「とろける ハヤシ」を食す。いやぁ〜、うまかったね、ご多分に漏れず。たまねぎを細切りにし、牛肉と炒めたあと水を加え、最後に日本から持ってきたルーを加えて終了。「これは料理と呼べるのか?」というぐらい簡単、しかしうまい。

Akiさんは「ICレコーダー」が欲しいそうなんだが、オーストラリアで買うと高いし、でかいので今度俺が戻ってくる際に日本から持ってくることに。といっても、インターネット上で購入し、配送先をうちに指定して、それを俺が持ってくるという手はず。海外にも直接配送できそうな雰囲気だったんだけど、高そうだし、あと一ヶ月ぐらい待てるとのことなんで、この方法にしました。

今日は15時からVicの家でレッスンです。どうも、Vicがいらいら(?)しています? というのも、4月に永住権(パーマネントVISA)を申請したらしいんだけど、おととい移民局から連絡(封書?)があり、書類の不備があるのでそれをそろえなきゃいけないとのこと。

で、その書類というのは「今までに犯罪を犯していないことを証明するもの」らしいんだけど、Vicはスコットランドとオーストラリアでの書類は提出したらしいんだけど、スペインのも提出を求められたとか。

というのも、Vicは大学(院?)の時に2年ぐらいスペインに住んでいたことがあるんだけど(スペイン語、ポルトガル語が専攻なので)、その間の証明ってことらしいです。

しかし、Vicは、
 ・申請書、またはその手引きにはそんなことは書かれていなかった!
 ・問題発覚後(おととい)、シドニー、メルボルン、アデレードの移民局に問い合わせても、担当者がぜんぜん協力的でない!
 ・スペインに電話して問い合わせたら「5ヶ月かかる」といわれた!
 ・しかし、移民局には7月11日(約一ヵ月後)までに提出せよと言われている!
 ・オージーは"lazy"で"not helpful"だ!
 ・スペイン人はもっと"lazy"で"not helpful"で"disorganize"だからダメだ!
と不満が鬱積しています。(^^;)

実家のお母さんにも連絡を取り、スペインにあるイギリス大使館(?)に連絡を取ってもらっているだとかで、レッスンをやっている際にもお母さんから2,3回電話がくるほど。しかし、お母さんもあんまり状況が理解できないらしく、Vicは「さっき説明したでしょ!」と怒る始末。おいおい、お願い事しているんだから怒っちゃだめだろ、と思いつつも黙っていましたが。(^^;)

明日、パースにある移民局に行って話をしてくるそうです。


 
2002/6/11 (TUE)

★Wカップ 一言いわせてケロ★

フランス最下位ですって? いや、中継見ていたんですけどねぇ、最後の10分ぐらいだけだけど。(爆)

誰だよ、優勝候補筆頭とか言っていたやつは!

親善試合で韓国と戦ったときにジダンが負傷して、1,2戦に出場できなかったのが敗因? まぁ、真実はどうであれ本大会直前の親善試合でスーパースターを怪我させちゃたのは、水を差す行為だよな、やっぱり。

セネガルvsウルグアイ戦、前半の3-0から結局追いついて3-3で引きわけ。なかなか見ごたえあったというか、これぐらい点数が入らないとつまらないな。野球でも1-0の試合は見ていて面白くないのと一緒。やっぱり点の取り合いの方が楽しいです。

ドイツオメデトウ! 決勝まで行くのはたぶんドイツでしょう。

サウジアラビア、はっきり言ってキーパーがダメですな。どう見ても他のチームのキーパーとはレベルが違い過ぎです。

+++

今日はカンタス航空のオフィスに行ってとうとう帰りのチケットを変更してきました。オーストラリアに来るときにカンタスの1年オープンのチケットを買ってきたんだけど、これは一回しか変更できないオープンチケットなのです。(FIXオープンとも言う)

だからずっと7月下旬に引き上げようとは思っていたものの、チケットの日付変更手続きまではしていませんでした。でも、残り二ヶ月を切り、今度は満席になるのが心配になってきたのでとうとう手続きすることに。なぜならパース→成田間は週3便
(火、金、日曜日)しか飛んでいないのでね。

結論から言うと、
 7月26日(金) PER 22:45発 → NRT 9:35着(27日) QF79便
になりました。

偶然にも俺がオーストラリアに来たのが同時多発テロ関連ニュースがさめやらぬ去年9月27日の朝。つまり、日本を発ったのは前日の26日の夜ということなので、ちょうど丸10ヶ月ということになります。

まぁ正確には、途中いろんなことがあり10ヶ月まるまるオーストラリアにいたわけではないですが、「10ヶ月いた」といっても問題ないでしょう。(と、勝手に決める)

カンタスの窓口の人にも「このチケットは一回しか変更できないけど、本当にいいですか?」と念を押される。そのことは事前に承知していたので、ためらわずにそのまま手続きをしてもらいました。

ということで、とうとうカウントダウン開始なんですが、その前にもう一回日本に帰るのでぜんぜん実感がわきません。(爆)


 
2002/6/10 (MON)

【ロシアでフーリガン暴れる 1人死亡、日本料理店襲撃も】
【W杯の敗北にロシアでサポーターが大荒れ】
→ イングランドのフーリガンも真っ青の暴れっぷり。てゆーか、よくそんな状況下で取材ができるもんだとある意味感心。

まぁ、日本もまだ負けなしだけど、負けたら結構荒れると思うな、渋谷とか新宿とか、大阪とか。

+++

【横浜、埼玉、新宿…サポーターが騒動】
→ 身の安全のためにも、家でゆっくり観戦がよろしいかと。

++++++

寝坊気味に9時ごろ目が覚める。するとタイミングよくVicから電話が。実は昨日の夜電話したんだけど、留守電になってて繋がらなかったのよね。で、今日のレッスンは13:30〜ということに決定。

てゆーか、月曜の9時過ぎに自宅から電話してくるということは、UWAに行っていないってことなんだけど、そのことについて聞いたら「他にもいっぱい話すことはあるからまたあとで」だって。

午前中に不動産屋に行って「電気+ガス代」を払ってきました。不在の間に請求書が届いていたんだけど、基本的にこれらは3ヶ月おきに払えばいいみたいです。現にここに引っ越して丸半年経過したけど、払うのはこれが2回目だし。

不動産屋、ちょっとイエローカードです。請求金額は"A$38.60"だったんだけど、「お釣りが無いから隣のお店で両替してきてくれ」とのこと。実は前回家賃を払いに行った際も同じことを言われました。でも、すっかりそのことを忘れていたので、今回も隣の店に行ってガムを買う羽目に・・・

どうも、強盗などを警戒して事務所に現金を持たない方針みたいなんだが、俺みたいに直接お金を払いに来る人だって、それなりにいると思うんだけどねぇ。ということで、次回こそはお釣りなしで行くつもりだが、もうあと一回しか行く予定ないのよね、実は。

Vicのお土産に日本酒と成田空港で買った東京限定 ハローキティ人形焼をあげる。このキティちゃん、パースの税関で申告しないで持ち込んじゃいました。m(--)m 

だって、人形焼の皮の部分って卵が使われているんだけど、それを言うとたぶん包装を破かれ、中まで開けられちゃう可能性大だったんですもの・・・

ちなみに次回は東京限定 ハローキティ銀座カスタードコロンを持ち込む計画。もちろん、こちらも卵が使われているでしょう。今度はちゃんと申告して通過を試みるか・・・

その人形焼ですが、15時過ぎに「お腹が減ったので食べてみたい」ということで急遽食べることに。Brigitteっていうフランス人のメル友(97年に訪ねたうちの一人)は、「日本食は大好きだけど、アンコだけは嫌い」と言っていたので、Vicのお口にあうかどうかちょっと心配です。もちろん、アンコなんてものを食べるのは今回が初めてとのこと。

でも、Vicに対しては心配無用でした。「Excellent! I love it!!」と言って、2個ぺろっと食べてしまいました。キティちゃんの形をしていることよりも、その味に対して感動していた模様。

韓国vs米国の試合が14:30〜放送されていたんだけど、このマンションの上の階がいつになくうるさいです。Vicがマンションに入ってくる際に、ビールやらお菓子を持った韓国人が一緒に入ってきたというので、どこかの部屋でみんなで観戦しているのでしょう。

てゆーか、その騒ぎのせいでこちらも試合が気になります。ということで、何回かテレビをつけたり消したりと・・・結局後半の途中からはずっとつけっぱなしにしてました。(爆)

約2週間ぶりの授業でもともとちょっとだらけ気味だったんだけど、ワールドカップ意外なところで迷惑です。あと、上がうるさかったのが原因かわからないけど、いつもはアメリカ嫌いのVicがアメリカを応援していたのには笑ったけど。


 
2002/6/9 (SUN)

19:00 SBSにて「日本 × ロシア」向け番組が始まる
19:15 日本のキープレイヤーは「イナモト」とのこと
19:25 国歌斉唱の時、小泉純一郎が映る
19:30 試合開始

☆前半☆
02分 宮元のアップ画像は怖いな
05分 中田ヒデ倒される
15分 宮元にイエローカード → FKが大きく外れる
17分 戸田はニワトリ
22分 中田ヒデのシュート → 上に大きく外れる
27分 中田ヒデのシュート → 惜しいが外れる
31分 楢崎ファインセーブ!?
35分 オノのFKはあんまり惜しくなく外れる
37分 ソロマティンにイエローカード
39分 ロシアの攻撃をなんとか防ぐ
41分 コジ中田にイエローカード
47分 前半終了

△ハーフタイム△
・中田ヒデの存在感が薄いなぁ
・シュートが少なすぎ
・全体的に淡白な試合というか見所が少なかった
・三都主と中山を投入すべし
・後半はビールとプリングルス解禁

★後半★
46分 ロシアのCK → ナラザキキャッチ
50分 イナモトのゴール!!
**分 解説者イナモトを絶賛
**分 小泉はしゃぎ過ぎ!
54分 オノの切れが良くない
56分 ロシアメンバーチェンジ
57分 ロシア決定的なチャンスを逃す
59分 イナモトゴール正面で倒される
60分 中田ヒデFK蹴るも上に外れる
61分 ヤナギサワのシュートも上に外れる
61分 シチョフのシュート、わずかに右に外れる
64分 ニワトリのわけのわかんないパス通らず
67分 バカ殿がどアップになる
70分 ヒデ中田のロングシュート!! (バーに当たる;)
71分 中山登場!!
75分 オノと服部が交代
76分 ロシアのシュート、キーパー正面
80分 中山のニックネームは"ゴン"だと紹介される
83分 シショフのシュート、キーパー正面
84分 イナモトと福西が交代
90分 ロスタイム2分
90分 中山にイエローカード
92分 試合終了!!

日本W杯初勝利! オメデトウ!!

■反省■
・後半だけでプリングルス大、ビール2本を消費してしまった。


 
2002/6/8 (SAT)

とりあえず、無事帰国しました。って、どっちの国に帰るのが"帰国"なのか、最近わかんなくなってきたな・・・

+++

目が覚めたのが11時ごろ。そこから適当に後片付けやらなにかをもぞもどと開始。といってもたいしてあるわけでもなくすぐに終了。

Yoshi君とKoujiさんに帰国の挨拶に行くも二人とも不在だったので、インターネットでもしてました。まぁ、ニュースというのはいろいろと尽きないもんですねぇ。昔「ニュースが無いのがニュースです」みたいなセリフを、なんかの漫画で読んだ気がしたけどホントそんな感じ。

で、3時ごろYoshi君が帰ってきた風なので、オジャマしに行き、15分ぐらいくっちゃべってました。友達を迎えに行った後、買い物に行くというのでそれにくっついて行くことに。約10日間空けていたので冷蔵庫の中は空っぽだし、他にも買いたいものが結構あったので車で連れて行ってもらえるのは助かります。

Colesでいろいろ買い、隣の酒屋でビールをケースごと買い、予定通りの展開。ビールってバラで買うのとケース買いするのとで倍ぐらい値段が違います。でも、もう冬なのでそんなに飲むのか、買ってから心配。

帰ってきてからはW杯サッカー"イタリア X クロアチア"を見てしまいました。あー、インドネシア日記でも書こうと思っていたのにぜんぜんダメです。ワールドカップ、大して興味ないと思っていたもののやっぱり始まってしまうと、ついつい見てしまう。う〜ん、困ったものだ・・・。

夕飯食べて、今度は"ブラジル X 中国"の試合もながらながら見てしまう。途中でKoujiさんのところにオジャマし、頼まれていたタバコを届ける。オーストラリアはほんとにタバコが高いからねぇ。ちなみに一箱A$7ぐらいするものをA$2.5で買ってきました。もちろん、カートン(10箱)です。

そうそう、昨日の日記に書いてある無線LANのことだけど、どうもBIOSでデバイスを無効にしていたのが原因みたい。CD-ROMからソフトウェア(ドライバ)をインストールしてもうんともすんともいわず、「不良品か?」と思ったのですが。とりあえずこれで、次回日本に帰ったときにテストできそうです。

これパースで試してみたいものの、IT後進オーストラリアでは街中での無線LAN(ホットスポット)サービスなんてまだまだ先でしょう。てゆーか、そういうニーズが永遠になさそうな気もする。いや、まじでそうだと思うな。


 
2002/6/7 (FRI)

07/06/2002 (FRI) GA881 NRT(11:00) → DPS(17:10)
07/06/2002 (FRI) GA726 DPS(22:20) → PER(02:00) 翌8日


4時45分に起きて、5時32分の始発に乗る予定です。

■目標■
(1)Yahoo! Cafeの4号店(成田空港)に立ち寄る。(難易度★)
(2)JR東日本と日本テレコムが実施している駅でワイヤレスインターネット体験!を生体験する。(難易度★★★)
(3)デンパサール空港(バリ)で約5時間の待ち時間があるが、その際にアルゼンチン×イングランド 20:30@札幌ドームを空港のテレビで見る!(難易度★★)

バリは日本より−1時間なので19:30分開始となります。ということで時間はピッタリなんだけど、空港にあるテレビでリアルタイムで放送してくれるのかは不明。

+++

▲中間報告▲
(1)’ 快適です。いまもココから書き込んでいます。場所は出国手続きをした後、コンコースC・D・E(向こうのゲート:サテライト側)に行く乗り物乗り場の上にあります。手続きは、パスポートを提示するとそれをスキャナでコピーされ、使用するためのUSBキーを貸してくれます。

で、USBキーを空いているPCに挿して、あとは自由に使うという仕組み。50台あるとホームページには書いてありますが、ほぼ満席です。もちろん、外国人の方もたくさんいます。特に時間制限もないようなので、搭乗時間を忘れてしまう可能性があるのが欠点かも?

(2)' こちらは失敗でした。というのも、自分のノートPCはもともと無線LANアダプタ内蔵タイプなんですが、どうもこの前OSの再インストールの際に、必要なドライバがインストールされなかった模様。もちろんOSのCD-ROMなんて持ってきていないので、パースに帰ってからインストールする必要があります。ということで、これは次回帰国時の課題に変更。

今日は朝マックしてたり、お土産屋を見ていたら時間がなくなってしまい、結局このYahoo! Cafeには20分ぐらいしかいれませんでした。でも、やっぱ無料で出来るってのはいいね。

++++++

(3)' こちらはほぼ成功!? 予定通り30分ほと前からテレビ正面のいい席に陣取りパソコンで時間つぶし。試合はリアルタイムでちゃんと放送されました。他にもたくさん人が集まってきて、やっぱりワールドカップはみんなの関心事であることを再認識。

バリはオージー(特にパースっ子)の人気の観光地なので必然的にオージーが多く、その次に日本行きの便が控えていた関係で日本人がたくさんいました。あとは、免税店で働いているインドネシア人従業員。

日本だったらいくらワールドカップとはいえ、勤務中にお客と混じってテレビは見れんだろうと思うが、ぜんぜんそんな雰囲気なし。まぁ、ワールドカップでなくても彼らの就業意識ってのはかなり低いのですがね。

前半はちゃんと全部みました。ベッカムのPK得点シーンでほとんどみんな大歓声だったので、オージーってのはやっぱりイギリス系なんだなとこちらも再認識。

前半が終わったのが8:15分過ぎで、お腹も減ったのでハーフタイムの間に何か食べようと思ったのがちょっとまずかった。ジャカルタでの残金もRp90,000ぐらいあり、朝も成田でマックだったのでマックは避け、レストランでサテーと春巻き、ビールを頼む。

サテーはジョグジャカルタで一回食べたんだけど、あんまり美味しくなかったので、再度食べたかったのよねぇ。しかし、混でもいない店なのに15分ぐらい待たされ、結局ゲーム後半の前半を見逃してしまった。まぁ、得点シーンはなかったし、サテーはそれなりに美味しかったので結果オーライとしますが。

試合終了後、頼まれていたタバコとお酒を免税店で購入。ちなみに、バリの免税店ってほとんどの商品がUSドルで表示されています。で、カードで買うとそれをインドネシアルピアに変換し、日本円で引き落とされると。今、US$1 = 125円ぐらいですが、インドネシアルピアを経由するとUS$1 = Rp9,000 = 130円ぐらいとなってちょっと損した気分。

バリ→パースの機材がまたDC-10でした。もともとの予定ではエアバスA330だったので、なんかの都合で機体の変更があったんだろうけど、これまた古い機材でちょっと不安。この前のバリ→ジャカルタ間のよりかはいくぶんいいけど、今度は3時間ちょっとのフライトとはいえ国際線だよ。ほんと、心臓によくないです。

8時半ごろ夕飯を食べたのに、11時半過ぎにちゃんとした機内食が出てきました。時間的に軽食だと思っていたから、夕飯をちゃんと食べたのに。ということで、まだあんまりお腹も空いていなかったんだけど、貧乏根性で結局食べることに。しかもビールまで(爆)。こんなことやってちゃ、やせられないって!


 
2002/6/6 (THU)

今日は例の日なんですが・・・

認定申告書には「9:00〜9:15分まで」となっています。でも、渋滞が気になったので念のため8:15分ごろ家を出発。

渋滞もなく無事8:40分には到着し、椅子に座って待機していました。すると後から来る人が書類を箱に提出して行きます。確か前回来た時は指定された時間になるまで提出してもいけなかったはずですが、今回はどうもいいみたいです。

ということで、自分も書類を提出してそのまま待ちました。

するとなんと8:50分ごろから書類の返却が始まり、自分も8:55分には呼ばれて今日のお仕事終了。しかも、写真で本人することも無くあっさりとです。

次回は「7月4日 9:00〜9:15分まで」です。

+++

お土産用に「日本酒」を3本ほど買ったんだけど、結構高いのね。まぁ、安いやつは安いんだけど、それなりのを買おうとすると300mlで600円ぐらいしました。

夕飯は家族4人でお寿司を食べに行きました。まぁ、回転寿司なんですが、なかなか人気のある店らしく18:30に行ったにもかかわらず10分ぐらい待ち。食べ終わって出るときは20人ぐらい待っていました。

私、アナゴ大好き人間なんですが、「特大穴子一本握り」ってやつが、いつも350円のところ期間限定で170円でした! ということで3個も食べてしまった・・・(爆)

福生だったので横田基地が近いのですが、外国人(たぶん米軍の関係者)が結構たくさん来ていたのもちょっと驚き。回転寿司だと値段も明朗だし、食べたいものだけ食べられるので安心というのは日本人も外国人でも同じなんでしょうね。


 
2002/6/5 (WED)

掲示板にも書きましたが、12時過ぎに無事帰宅しました♪

+++

9時到着予定でしたが、ほぼ定刻通りの8:45分ごろ到着。出国手続き、税関の通過ともあっさりとクリアし、9時20分には駅のホームまでこれました。約30分でこれるとはなかなかの好成績。

初めてJRでも使おうかなぁと思うも、成田エクスプレスじゃない普通の電車は10時過ぎまでないので、結局京成の9:37分発上の行きの特急に乗ることに。特急といってもスカイライナーではないので、普通料金だけですけね。

日暮里、東京で乗り換え11:08分発の青梅特快があり、今回はすんなりと帰宅できました。それでもやっぱり3時間ですか。それでもやっぱ遠いね。

今日は家で雑用と昼寝をして終了。明日は朝一でHWに行かなきゃならないので飲み会は自粛です。


 
2002/6/4 (TUE)

日本戦、結局見れませんでした。
でも、引き分けたのですね。
インターネットで見てました。(爆)

明日の朝刊を成田空港で買います。

では

+++

今日は23:30分発のフライトなので、まるまる一日あると考えて問題ないでしょう。でも、日本vsベルギー戦が日本時間18時、ジャカルタ時間16時から始まるのでそれまでには家に戻ってきて観戦しないと。

今日もMichelleは仕事に行きますんで、一人で行動です。といっても特に買い物がしたいわけでもないので、「TAMAN MINI INDONESIA INDAH」というところに行くことに。ここ、簡単に言うと「ミニインドネシア」をテーマとしたテーマパークです。ハウステンボスとか東武ワールドスクウェアのインドネシア版とでもいいましょうか。

基本的にはインドネシア各地の建物が建てられており、その中でその土地についてのパネルがあって風俗などについて説明されています。でもねぇ、相変わらず暑いんです! しかも、観光客ほとんどいません!! いるのはまたもや学校の遠足で来ているような制服を着た生徒ばっかです!!!

でもって、案の定・・・あんまり面白くありません。でも、途中で話しかけてきたガイドのおっさんがなかなか気さくな人で、それ以降見た建物や文化についてもいろいろと説明してくれてそれはかなりよかった。ということで、チップRp50,000をあげる。なんかお金目当てで話しかけられると、お金あげたくないけど、本当に親切な人というかいい人にはこっちからあげますって。

で、いろいろ見た中でも一番びびったというか印象に残ったのがこの写真。カリマンタン島のとある部族の風習らしいんだけど、耳たぶが全開垂れ下がっています。しかも、昔の話じゃなくいまでも続いているとのこと。

タイの北部だかミャンマーの山奥には首にリングを巻いて、首を長くする部族がいるのは有名だし、写真でも見たことあったけど、この「ミミナガ族」は知らなかったので、かなり衝撃的だった。

本当はこの「ミニインドネシア」の後、"PLAZA SENAYAN"っていうまた別のショッピングセンターに行こうとしていたんだけど、例のおっちゃんのせい(おかげ?)で、予想以上にここにいることになってしまったので、そこは諦めてまっすぐ帰ることに。まぁ、ジャカルタ市内渋滞ひどいしね。

予定通り15:45分ごろ無事帰宅。で、テレビをつけて待つも始まりません。でもこれはある程度予想していたこと。一日3〜4試合あるうちの2試合ぐらいはLIVE中継なんだけど、残りは録画で夜中に放送しているのを知っていたから。

実は夕方〜プライムタイムにかけてはいままでもあんまり中継していなかったのよね。ということで、インターネットにつないで試合経過をテキストで追っていました。

昨日、今日と夕飯はMichelleの家で食べました。彼女、料理は嫌いというだけあって、そんなに凝ったものは作らなかったのですが、それなりに美味しかったですよ。日本の調味料さえあれば俺が作ってもよかったんだけどね。(^^;)

2時間前だから21:30分までに空港に行かなきゃいけないのと、渋滞が心配されるので20:30分にMichelleのアパートを後にすることに。でもそんなに混んでいなく、すいすいと30分ちょっとで着いてしまいました。

ということでとりあえずチェックインし、免税品を買う予定もないのでそのままゲートまで行ってパソコンでもして待つことに。搭乗予定のGA880便は、

デンパサール発 21:50
   ↓
ジャカルタ 着 22:30
   ↓
ジャカルタ 発 22:30
   ↓
成  田  着 09:00

ってフライトスケジュールなんだけど、ジャカルタから乗る人はたぶん15人ぐらいでした。あとは全部バリからの人でほぼ満席です。


 
2002/6/3 (MON)

無事、ジョグジャカルタから帰ってきました。

ワールドカップのおかげで、空港での待ち時間も苦ではなかったり・・・!?

+++

昨日のタクシーの運ちゃんが明日もプランバナンに連れて行ってくれるというので、朝9:30分にホテルに来てもらうことにしました。

朝食は一応バイキングというかビュッフェスタイルだったんだけど、まぁまぁかな。毎日あれだったら二日で飽きるだろうけど、今日一日だけなのでとりあえずはオッケー。8時ごろに行ったんだけど、お客は俺を含めて8人ぐらいってとこかな? まぁ、朝食の時間は7時〜10時までなので、他にも泊まっている人はいるだろうけど、まぁ空き空きです。

9:15分ごろチェックアウトをしようとフロントに行くと、もうタクシーの運ちゃんは待っていました。ミネラルウォーターの清算だけしてすぐに出発することに。

運ちゃん曰く、「プランバナンは空港よりにあるので先に市内観光の方がいい」とのこと。まぁ、そういうなら特に異論はありません。

で、初めに連れて行ってくれたのが「バチックの製作工房」。バチックとは「伝統的な手法で製作されるろうけつ染」とかいうものらしいですが、まぁ簡単に言うと絹や木綿にロウで模様を書き、その後染色し、ロウを落とし、またロウで絵を描き、染色し・・・とやって一枚の絵を完成させるものです。

こういうのを見るのも、現地の伝統文化に触れるという意味では非常にいい経験となるのですが、なんせ「最後にはなんか買わないといけない雰囲気になる」のが個人的には好きではありません。断ることが苦手な俺は、いっつもこのジレンマに陥ります。

で、初めはタクシーの運ちゃんがこのバチック屋とつるんでいて、俺をここに連れてきたんじゃないのか疑う始末。まぁ、東南アジアだとそんなの当たり前ですからねぇ。日本でも(ほとんど行ったこと無いけど)ツアーの観光旅行だとお土産屋やドライブインに寄るなんてことはありますし。

しかもやっぱり日本語が話せる担当者がいて、バチックの体験や、それぞれの絵などを丁寧に説明してくれます。でも、そこはあんまりインチキくさい店ではなく、なんと地球の歩き方に載っていて、それを見せてくれました。(俺は持っていなかったので)

すると、確かにその店のことが書いてあり、それなりに有名なお店らしいことが判明。よって、タクシーの運ちゃんは本当の親切心から連れてきてくれたんだろうと。でも、店先で"生徒"といわれる人たちが、作品を作りつつ恨めしそうな眼で見てきます。

"先生"といわれる人の作品はUS$40(約5,000円)とか言うのでとてもじゃないけど、いりません。(他にもたくさんあるけど、一応お勧めと言っていたやつを例にとると)。まぁ、US$40というのはあくまでも向こうの言い値であり、それからかなり下がるとは思うんだけど、なんせ欲しいものじゃないから交渉する気にもならないんだよねぇ〜。

でも、日本語をしゃべれるあんちゃんがなかなか諦めてくれないので、しょうがなくそのあんちゃんの作品を買ってあげることに。Rp65,000(約950円)でした。あ〜あ、また根気負けしちゃった。f(-_-)

タクシーに乗って次の目的地に移動。といってもガイドブックは持っていないので、空港でもらったただのマップに載っている「観光ポイント」らしきところに行くことに。

で、行ったのは"Sultan Palace"っていうジョグジャカルタにあるでっかい王宮。でっかいとはいえ、無駄に敷地がでかいだけで別に建物はたいしたこと無かったです。てゆーか、全体的に大したこと無い。

ここ、入場料がたしかRp7,500だったと思うんだけど、なんと"camera permission"なるものが書いてあり、「Rp500払え」とのこと。適当そうだから、払わなくても平気そうだったけど、たったRp500(約7.25円!!)ぐらい払うことにしました。ちなみにビデオカメラはRp1,000です。しかも2台持っていたら両方の分を払わないといけないとのこと。なんかあまりにもケチ臭くて悲しくなってきました・・・(爆)

くどいようですが、この王宮、ぜんぜんたいしたことありません。行く価値無しとは言いませんが、期待しないように。で、次に行ったところがもっとひどく、開いた口が塞がらないほど・・・(爆)

その名も"Paku Alam Palace"。もちろんここが何者なのかも知らなかったが、地図に載ってたので寄ってみることに。そしたら、そこはどうも歴史博物館らしいんだけど、改修中らしいです。でも、だからといって閉館しているわけではなく、入れてくれるらしい。

で、初めに「寄付について」みたいなことが書かれた紙を読まされ、ゲストブックに記帳。さっきのところがRp7,500だったからとりあえずRp5,000払ったら、特に何も言われませんでした。そのあと、鍵がかかっている部屋を開けてくれ、そのおっちゃんと一緒に中に入る。

その中にはジャカルタの歴史博物館で見たような、貴重なんだからよくわからないものが無造作に飾られている。しかも部屋はたった二部屋分、英語での説明書きがないものがほとんど。

感想はただ単に「なんじゃ、ここは?」って感じでした。(爆)

あまりにもすぐに退出するのも気が引けたので(変なところで気弱)、10分ぐらい適当に見学する。で、"Thank you"と言って、そそくさとタクシーが待っている場所に戻る。

いや、ゲストブックを見たときからおかしいと思ったんだよな。だって、一日で1〜2人見学者があればいい方、日付が飛んでいた日(つまり誰も来ない日)もぱらぱらあったし。でも、別に何か損したわけでもなく、いい経験にもなったから良しとするか!?

もう、市内は結構ということで、プランバナンに向かってもらうことに。泊まっていたホテルを過ぎ、空港を過ぎたところから15分ぐらいで到着です。昨日のボロブドゥールに較べたらかなり近いでしょう。

そこでも、入場料US$7とられました。もちろん、外国人観光客からだけです。まぁ、そればっかりは粘ってもどうしょうも無いので、とっとと払って中に入る。それにしても、暑い!!

さっきの市内観光の時からそうだったんだけど、暑いんだよねぇ。よってちょっと歩いただけで、すぐにだるくなります・・・でもここは広い敷地に"デーン"と幾つもの石塔が立っているのが売り物なので、歩いてそこまで行き、中に入らないと来た意味がありません。その石搭じたいはでかいから入場してすぐのところから見ることはできるんですけどね。

途中、ミネラルウォーターを買い(Rp3,000)、ひたすら歩く。といっても10分も歩きませんが。すると今度は片言の日本語を話す兄ちゃんが寄ってきます。うそかほんとか知りませんが、大学で日本語を勉強しているんだとか。でも、英語の方がやっぱりいいらしく、途中からは英語に。

で、「プランバナンの歴史について説明してあげる」とのこと。それはありがたいんだけど、「Is it free?」と聞くと、「depend on you」だって。俺は「フリーだったらお願いするよ」というと、タバコを取り出し「ライター持っているか?」だって。もちろん、「I don't smoke.」というと、そそくさとどこかへ行ってしまいました。ちゃんちゃん。

石塔、確かにすごいです。でも、それ以上に暑いです・・・

ほぼ同じ時代、それほど離れていない位置に、仏教のボロブドゥール寺院と、ヒンズー教のプランバナン寺院が作られたということには驚きです。

ボロブドゥールといい、プランバナンといい、9世紀なんて昔にすごいものを建てたにもかかわらず、その後の発展が遅れてしまったのはなぜなのでしょう?

「昔はすごかったんだろう」っていうところ、世界中にはたくさんあるよね〜

15時のフライトだったので、14時にはジョグジャカルタの空港に到着。今日のタクシー代はRp30,000/1時間ということだったので、Rp120,000払いました。昨日はRp135,000払ったので二日間でトータルRp255,000(約3,700円)。もちろん、4時間+4時間貸しきってこの価格です!

空港で初めに言われた値段はRp500,000、値切ってやっとRp400,000だったのに。まぁ、「知らないと損をする」という典型的な例ですな。

ちなみに、ジャカルタ空港に着いた際に、タクシーを拾うとしたら、
(1) 一人目(多分シロタク) → Rp150,000 → 断る

(2) 二人目(ちゃんとしたタクシー) → またもやRp150,000と言われる → メーターを使うように交渉 → 納得し動き出すがメーターをONにしない → 文句を言う → わざとインドネシア語でなんか言ってきたので、タクシーを降りる → 運転手切れる → 無視して違うタクシーに乗る

(3) 三人目(ちゃんとしたタクシー) → メーターを使うように交渉 → 納得し動き出す → ちゃんとメーターも動かす → しかし、超乱暴な運転でまいる(高速道路で路肩からガンガン抜いていく) → 急いでないから安全運転でとお願いする → わかったわかったと言って、相変わらず路肩から100Km/h以上で抜いていく → 生きた心地がしない → なんとかアパートに到着 → メーター(約Rp60,000)+ 高速代(Rp7,000)+ エアポートTAX?(約Rp10,000)というのでRp80,000(約1,160円)を渡す。

ここでも倍額ぐらいでふっかけられてます。これ、インドネシアの常識。知らない人が損をします。知っていても避けられない場合もありますが・・・


 
2002/6/2 (SUN)

一泊二日でジョグジャカルタってところに行ってきます。

ボロブドゥール寺院プランバナン寺院を見てくる予定です。

・その他のボロブドゥール寺院情報
・その他のプランバナン寺院情報

+++

朝09:45分のフライトだったので8時に家を出てタクシーで空港まで行くことに。日曜日の朝は流しのタクシーがつかまりにくいというので、昨日の夜にMichelleがタクシーを予約しておいてくれました。

タクシーの運ちゃんがガンガン飛ばしていったので30分もかからずに到着。一泊二日だったので、大きい荷物は持たずにリュックだけなのでチェックインもさくっと終了。

飛行機は予定通り1時間でジョグジャカルタ空港に到着します。で、本当なら降りたところにホテルのお迎えが来ているはずなんだけど・・・来ていません。

で、案の定誰からか声を掛けられます(もちろん現地の人ね)。

A:「どこのホテルか?」
俺:「ジャヤカルタホテルなんだけど。」
A:「きてないならもう少し待ってみろ」
俺:「そうする」

俺:「ボロブドゥール行きたいんだけど、何かいいアドバイスある?」
A:「それならあいつに聞け」

ということで、目の前にあるカウンターに行ってみる。

そこはもろボロブドゥールとプランバナンをメインにやっているところでした。

俺:「ボロブドゥールとプランバナンに行きたいんだけど」
B:「2daysか?」
俺:「そう。今日の午後と明日の午前中」
B:「ボロブドゥールとプランバナンに市内観光をつけてRp500,000(約7,250円)でどうだ?」
俺:「えぇ〜、高いよ」
B:「新車、エアコンつきだぞ」
俺:「でも高い」
B:「通常ならUS$62(約8,000円)だぞ」
俺:「だって、もしジャカルタで申し込んだら日本語ガイド付きでRp400,000って言っていたよ」
B:「じゃ、Rp450,000でどうだ」
俺:「それでもガイド付かないんでしょ?」
B:「じゃ、ガイド付きでRp450,000でどうだ」
俺:「高いよ」

ちなみに、この会話の途中でホテルにピックアップの電話してくれ、ずるずると交渉しているうちにお迎えが来ました。

俺:「じゃ、またねぇ〜」

ということで、結局「ガイド付きでRp400,000」まで下がったものの、そこでは申し込まず。

そんなこんなでホテルには11:30ごろ着くも、もちろん混んでいるはずも無くあっさりとアーリーチェックイン。で、フロントというかよくわからないけど外にいたデスクの人に聞いてみる。

すると、ボロブドゥールが4時間でRp125,000、プランバナンが3時間でRp85,000で行けるツアーがあるとのこと。ちなみにガイドは無しの単純往復のみです。でも、ガイドはもともと要らないと思っていたのでそれで十分です。つまり、空港のあんちゃんの約半額ってことね。あー、よかったあそこで申し込まなくて。

しかし、そこに電話してもらったところなんとすでに一杯だって。そんなちゃんとしたツアー会社だと思っていなかったんだけど・・・でも、そこはタクシー会社みたいなところなんで、タクシーを一台手配し、同じ値段で連れてってくれるとのこと。もともと、俺はそのつもりでいたのでぜんぜんオッケーです。

12:30頃タクシーがきて、さっそくボロブドゥールへ。運ちゃんは簡単な英語はわかる48歳のおじさん。息子一人、娘一人だそうです。とりあえず変な人じゃなくてよかったです、片道約1時間も乗るのにね。

ボロブドゥールへはほんとに1時間ちょうどで着きました。で、運ちゃんは待っていてくれるので適当に見学し、元の場所に戻ってくればオーケーです。しかし、いきなりお土産屋の攻勢に会い、かなり参る。ボロブドゥールに関する本(英語と日本語とドイツ語?)で書いてある本なんだけど、Rp150,000(約2,200円)だって。

「いらない」って何回言ってもずっとついてきます。かなりうざいです。あともうひとつ、ここは外国人からだけ入場料を取ります。しかもUS$7=Rp63,000(約900円)もです。これ、こっちの物価考えたら法外な値段でしょう。昼飯の6倍として、日本で考えたら4,000円とかって感じ。

しかし、ここまできてケチる人もいるわけもなく、みんな払うから結局その値段のままなんだろうな。はっきり言って、その根性にはむかつきます。

ボロブドゥール、確かにすごいんですが「思ったより小さいな」というのが率直な感想かな。まぁ、想像していたのが単にでかかっただけというのもあるんですが。

しか〜し、捨てる神あれば拾う神もあり(?)

たまたまその日は学校の遠足らしき生徒がたくさんいました。そして、俺が歩いている妙に視線を感じます。これはタイのピマーイで感じたのと似たような感覚・・・

するとやっぱり「一緒に写真を撮りたい」という子がきました。女の子二人です、たぶん15歳ぐらい!? でも、英語は良くわかんないようで、一人ずつ一緒に写真を撮ったらそそくさと行ってしまいました。

その後も、ウロウロと見学をしていたらまた違うグループからお声がかかりました。またもや一緒に写真を撮りたいとのこと。まぁ、簡単に言うと日本人が外人を見つけて写真を撮ろうとするのと同じ感覚なんでしょう。

今回は女の子5,6人のグループだったんだけど、いくぶん英語が通じます。で、簡単な会話をしたんだけど、
 ・やっぱり学校の行事で来ている
 ・East Javaの小さな村から来ている(?)
 ・17歳〜19歳だそうだ
 ・外人と話すのは初めて
 ・住所を教えてくれたら手紙を書く
 ・俺はかなりかっこいいらしい(爆)
と、まぁモテモテでした。(爆爆)

もちろんデジカメで撮った写真をその場で見せたら驚き&感動です。「e-mailアドレス持っているなら写真送るよ」といっても誰も持っていません。(^^;) でも、一人だけ携帯電話は持っていましたが。

1時間とは言わないまでも30分以上はしゃべってましたね。会話はあんまりスムースじゃなかったですけど。あと、写真もかなり撮られました。写真、あんまり好きじゃないけど、なんか有名人になったような感覚です。(火暴)

たぶん、その子らに会わなかったら30分もいれば十分だったろうけど、結局タクシーに戻りついた時は1時間半ぐらい経ってました。

しかし、そこにはさっきのあんちゃんが待ち伏せしていて結局Rp65,000まで値下がったんだけど、いらないものはいりません。タクシーに乗り込んでもまだしつこいし、こいつが運悪くタクシーの運ちゃんの知り合いだっていうので、しょうがなく絵葉書5枚をRp10,000で買うことに。もう、参るよ、ほんとに。

【ボロブドゥールを建てた人々】


 
2002/6/1 (SAT)

もう6月ですか、早いですねぇ。

※ ゆっくりと日記を書いている時間が無いので、日本に帰ってからまとめて書きます。

+++

と、言っておきながら結局日本でも書けませんでしたが、忘れないうちに少しでも書いておきましょう。

午前中は、昨日の続きでジョグジャカルタへの旅行の件で下の旅行代理店へ。結局、明日出発の1泊2日で行ってくることにしました。

 Jakarta (CGK) 09:45発 → Jogyakarta (JOG) 10:45着

宿も適当に探してもらい、一泊約Rp185,000(約2,700円)ところを予約しました。手持ちの現金がそんなにないのでクレジットカードで払ったんだけど、やっぱり手数料を取られるのね。でも2.5%だというし、近くにATMもないというのでしょうがなくカード払い。

Michelleはなんか風邪気味というので、今日も一人でジャカルタ探索。てゆーか、結局昨日は何もしてないに近いんですけどね。

一応観光客らしく"Museum Sejarah Jakarta"(ジャカルタ歴史博物館)ってところに行ってみる。ジャカルタって市内を走る均衡電車や地下鉄、モノレールといったものがありません。バスは一応あるんだけど、むちゃくちゃ汚そうだし混んでます、第一ルートがわかりませんし、ルーとマップのようなものもありません。

ということで、必然的に移動はタクシーとなるんですが、まぁ高くないのでオーケーです。でも、問題もあって・・・とにかく運転が粗い、つまり危険です!

これはタクシーの運ちゃんに限らず、ドライバー全員が危険運転しまくりです。車線があろうが、信号が赤だろうが平気で無視していきます。しかも、そこらじゅうでクラクションならしまくりでうるさいったらありゃしない。いつぶつかってもおかしくない、いつけんかになってもおかしくないというハラハラどきどきもんです。

まぁなんとか無事着いたんだけど、40分以上乗っていて約Rp18,000(約260円)。たしかに安いんだけどねぇ。

で、この博物館(入場料Rp2,000)に入ったんだけど、あまりにもショボすぎます。ほんとに「これでいいのか?」と疑いたくなるようなものです。でも、入ってしまったからには一通りみてから出ようと、思っていたところ途中でガイドさんに話しかけられました。

日本語混じりだったのは初めは「怪しいなぁ」と思っていたんだけど、そんなに悪い人ではなそうです。7割英語、3割日本語でいろいろと展示品やインドネシアの歴史について説明してくれます。

曾お祖父さんが日本人だったとか、インドネシアの伝統芸能である"影絵"の公演で日本に言ったことあるとか、そんな話をいろいろとしていました。日本名は「丘さん」なんだって、普通「おかさん」だったら「岡さん」だと思うんだけど、どうも違うらしい。で、英語名はダニエルだそうで。

で、歴史博物館の見学が終わったあと、すぐ近くにある"Museum Wayang"(Puppet Museum:操り人形博物館)ってところに行くことに。これはもちろん岡さんがその影絵、操り人形の仕事をしている人だから、そこへ連れて行って説明をしたいんだろうなと。

で、ここでも入場料Rp2,000ほど払い、またいろいろと説明をしてくれます。影絵の歴史や材質、他民族のものとの比較やほんとになにからなにまで丁寧に説明してくれました。で、最後には影絵のちょっとした実演までしてくれたりと。

おぉ、すごい親切でいい人だなと思ったのもつかの間どうも話がそちらの方向に行きます。そちらというのはお金の話・・・といっても直接的でなく、影絵をやっている団体には政府からの援助が無いとか、この博物館に訪れる人は少なく、入場料収入だけでは運営が大変だとか。

で、結局は最後にお土産として影絵やバチック(絵)を買っていって欲しいってことでした。で、ここの品はそこら辺のお店やデパートで売っているものとは違って"本物"だと。でも別に欲しいものでもないものに5,000円も払えないなぁと。こういう場合、なかなか断りにくいんだけど、なんとか「ごめん、どれも欲しくないな」と言いました。

でも、トータル1時間半ぐらいいろいろと説明をしてくれたりして、それにはお礼をしなきゃあかんだろということでチップとしてRp20,000ほど渡しました。そしたらなんと「too small」と言われてしまった。一瞬「はっ?」と思ったけど、何も言わずそのまま帰ることに。

初めというか途中まではすごいいい人だったんだけど、まぁこれが"インドネシア"なんだなぁと変に納得。タクシーで渋滞の中40分ぐらい乗っても約Rp18,000という物価のところで、それ以上のチップを上げたのに「少ない」とは。

まぁ、いい経験といったところかな。断るべきところはちゃんと断らないと、いいカモになって終わりです。

その後、遅い昼飯をファーストフードで食べ、歩いてMangga Duaのショッピングセンターに行くことに。ここマンガドゥアは電化製品やIT系の商品が充実しているというので別に買うつもりはないが、覗いてみることに。

そしたらやっぱりありました、コピー商品のオンパレード。中でも圧巻なのは、やっぱりコンピュータソフトウェアというかアプリケーション類でしょう。OSからビジネスソフト、マルチメディア、ゲーム、その他何でもあります。

しかも一枚Rp20,000(約300円)という値段。話の種にということで2枚ほど購入してみましたが、動くかどうか怪しいです。しかも、ほとんどすべて英語版ですしね。

その後、タクシーで帰ろうとするもなかなかつかまりません。しかも、外は排気ガスのせいで大気汚染もかなりひどい。今日一日出歩っていただけで、すでにのどが痛くなるほどです。

なんとかタクシーを捕まえ、行き先を告げると「今メーターが壊れているからRp50,000でいいか?」と言ってきます。「行きに来た時はRp18,000だったよ」というと、あっさりと計画を断念しメータを使うことにしたようです。この運転手なんかはまだまだかわいいほうですね。

その後、MichelleとPASARAYAっていうショッピングセンターに行き、食料品やらの買い物をした後、夕飯はレストランでビールを飲みつつ、タイ風フライドヌードルを食べた。多分、昨日のトニーローマの半額ぐらいかな? ショッピングセンター内とはいえ、ちょっとお金持ちのインドネシア人が来そうなお店でしたが。


[Previous Month] [Next Month]

戻る